最近が学習塾事業に力を入れる[9470]学研HDから第72期中間報告書。東京都内には体験型英語教育施設がオープンするようですね。 - 高配当株で配当金生活

最近が学習塾事業に力を入れる[9470]学研HDから第72期中間報告書。東京都内には体験型英語教育施設がオープンするようですね。

ブログ上では時々述べてきたように、本当は「教育関係」の分野で起業したかったと思っている私たっちゃん。残念ながら、自分の頭では教育関係で効率よく売り上げがあげられる仕組みが思いつかなかったことから、普通の通販へと転じることになるのですが、そういう私だけに今でも「教育系の銘柄」というのはよく組み入れる傾向にあります。

「教育系の銘柄」というと、真っ先に思い浮かぶのは「塾関係」の銘柄だという方も多いと思います。実は、今回の記事でご紹介する[9470]学研HDも広い意味では「塾関係」の銘柄だということもできるんですよね。それについては、本文の中でご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

[9470]学研HD 第72期中間報告書

学研HD 第72期中間報告書

さて、今回はそんな[9470]学研HDから同社の第72期の中間報告書をいただいていますので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。あれ?今の時期に中間報告書?と不思議に思う方もいらっしゃると思いますが、実は同社は9月決算の会社となっているので、通常の3月決算の会社と比べ、中間決算・期末決算がちょうど裏表になっているんですよね。

また、[9470]学研HDはその株主優待制度に興味があるという方も多いと思うのですが、株主優待は9月権利確定の年1回となっておりますので、今回はいただいていません。昨年度の分を記事の最後の方でリンク先としてご紹介してありますので、興味のある方は合わせてご覧いただければと思います。

[9470]学研HD セグメント別の業績

学研HD セグメント別の業績

[9470]学研HDといえば、出版に代表される教育コンテンツの提供で有名だというイメージが多いのではないでしょうか。その事業が含まれる「教育コンテンツ事業」は確かに同社の主力ではあるのですが、売上高ベースで見ると3分の1でしかないんですよね。最近、同社の中で力が入っているのは「学研教室」や「学習塾」などを展開する教育サービス事業です。こちらは、売上高の4分の1ほどを占めていますね。

[9470]学研HD 高等進学塾を傘下に加えました

学研HD 高等進学塾を傘下に加えました

さて、今回の事業報告書には関西エリアの学習塾である「高等進学塾」を傘下に加えたというニュースが記載されていました。関西エリアの塾なので、ほとんどの方がご存知ないと思うのですが、私はなんだか聞いたことがある塾だなと思って調べてみると、かつて住んでいたことのある駅で、現在でも自転車で行ける範囲の「阪急 西宮北口駅」に主力校舎の1つがある塾だったんですよね。東大合格者45名、京大合格者40名というのは、関西エリア3校だけの実績としてはなかなかであるように思えます。

[9470]学研HD 体験型英語活用施設 オープンへ

学研HD 体験型英語活用施設 オープンへ

また、今回の事業報告書には、2018年9月に東京都・青海にオープンする予定の体験型英語活用施設「TOKYO GLOBAL GATEWAY」の紹介がなされていました。東京都内の小学校〜高校の生徒を対象として、例えば上の画像で紹介しているようなアトラクションを楽しむことができるんだそうです。基本的には団体利用を想定しているそうですが、個人ても利用できるように準備をしているそうですね。良い施設になればと思います。

[9470]学研HDの株主優待(9月/年1回)

4,000円相当の自社グループ会社商品
■ 1,000株以上:1セット選択
■ 3,000株以上:2セット選択

過去記事:[9470]学研HD 2016年9月権利確定分の株主優待

[9470]学研HDの株主優待・業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.