お気に入りの銘柄だった[7545]西松屋チェーンが自分にとっては優待制度の大改悪。残念ながら、これを機にほとんど売却です。他計3銘柄を売買。 - 高配当株で配当金生活

お気に入りの銘柄だった[7545]西松屋チェーンが自分にとっては優待制度の大改悪。残念ながら、これを機にほとんど売却です。他計3銘柄を売買。

優待制度の改悪というのは、優待銘柄にはつきものです。私のように50銘柄程度優待銘柄を保有していると、優待の改悪というのはちょくちょく出会うものでありまして、最近の印象に残っているのは宅配お寿司の[6082]ライドオン・エクスプレスの優待半減事件ですね。また、もっと昔まで振り返ると一番印象に残っているのは、やはり[2769]ヴィレッジ・ヴァンガードの優待超大改悪事件です。


スポンサーリンク

参考:たっちゃんの配当金生活のポートフォリオ 投資ルール

ポートフォリオの基本保有比率(2017年7月現在)

株式:38%
債券:38%
リート:24%
※ 国内資産と海外資産は基本的に1:1の保有比率を目指しています

参考:たっちゃん投資法 ブログに登場する用語の説明

リバランス:『株式:債券:リート=38:38:24』から絶対値で1%ズレた時に元のバランスに戻すように売買を行います。特定の銘柄を買い増し・売却する場合は、1%ズレていなくてもその度にリバランスを行っています。
ナンピン:配当金生活のポートフォリオの現金を除いた部分の時価が10%下落した時に5%分だけナンピンを行います。こちらは、滅多に発生しない事象でありまして、2009年以降、ナンピンは東日本大震災の時と2013年6月の2回しか行っていません。
利益確定:配当金生活のポートフォリオの現金を除いた部分の時価が5%上昇した時に5%分だけ利益確定を行います。自分の性格上、ナンピンよりも利益確定の方が発生しやすくなっています。2009年以降、13回利益確定を行いました。

投資ルール・運用方針についてもっと詳しく知りたい方はこちら

個人的に推していた[7545]西松屋チェーンが優待改悪です

さて、今回の記事ではタイトルでもご紹介したように、子供用品チェーンの[7545]西松屋チェーンが優待を改悪したために、残念ながら3名義・300株のうち2名義・200株を切ることにしました。ただ、冒頭でご紹介した[2769]ヴィレッジ・ヴァンガードの優待大改悪事件とは違って、今回の優待改悪は必ずしも全ての人にとって優待改悪というわけではなく、むしろこれくらいで株価が下がるのであれば、買い増しを行なっても良いのでは?と思える程度の内容です。

具体的に、どういうことが変わるのかと申しますと、上のツイートで先行してご紹介していたように、優待券の形式が「紙の金券」から「プリペイドカード」に変わるというものです。本当にこれだけの話でして、実は1,000円以下でも優待が使えるようになるという点で、実は今回の優待制度の変更は「改善」と言えるかもしれないんですよね。

ただ、私としてはこの「プリペイドカード」形式の優待というのは好みません。というのも、持ち運びをする際に優待券フォルダーがかさばりますし、また、ネットで残額を確認できるというのも自分としては面倒です。さらに、一度に複数枚提示できるかが不透明でなんですよね。ということで、これを機に[7545]西松屋チェーンの保有株数を大幅に減らすことにしたのです。

2017年7月24日に以下の3銘柄を売買しました

本日売却した銘柄一覧(2銘柄)

[7545]西松屋チェーン:300株(3名義)→100株(1名義)へ
[7814]日本創発グループ:500株→200株へ

さて、前述の優待制度の超大改悪を受けて、今まで地元兵庫県応援銘柄として長らく保有してきた[7545]西松屋チェーンを売却することにしました。ただ、業績面でも指標面でも、さらには、利回り面でも悪いわけではないので、100株だけは残すことにしました。プリペイドカードはかさばるとはいえ、そのカードの厚さは実物を見ないとわからないですよね。もし薄めなのであれば、1枚だけであれば優待フォルダの中に入れておいても良いでしょう。

また、本日はポートフォリオのバランスを整えるために別途[7814]日本創発グループも一部売却しています。同社は、DTPサービスの大手で、昔から長らく保有している銘柄です。最近の株価上昇で配当利回りが2%台に突入する一方で、配当水準はいつまで経っても1株=24円の鉄壁の水準であることから、ここで一旦持ち株数を減らすこととしました。また、以前の株価600円程度の水準に帰って来れば、買い戻ししたいと思います。

本日購入した銘柄一覧(1銘柄)

[AGG]iシェアーズ・コア米国総合債券市場 ETF:465口 → 507口へ

本日は、ポートフォリオのバランスを見たときに債券だけが凹んでいる形でしたので、債券を購入することにしました。色々保有している銘柄のうち、どの債券を買い増しするかは迷ったのですが、最もベタな商品の1つである[AGG]iシェアーズ・コア米国総合債券市場 ETFを買い増しすることとしました。分配利回り2.4%程度というのは、多少物足りない水準ですが、それでも先進国の債券の中では魅力的な方ですよね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.