国内では珍しいフランチャイジーとして上場した企業の1つです。イエローハットが主力のJCBギフトカード優待銘柄[3190]ホットマンから株主通信です。 - 高配当株で配当金生活

国内では珍しいフランチャイジーとして上場した企業の1つです。イエローハットが主力のJCBギフトカード優待銘柄[3190]ホットマンから株主通信です。

このブログをご覧の方の中には、自分で事業を行なっているという方が少なからずいらっしゃると思います。その中には、もしかすると、なんらかのFCに加入して事業を行なっているという方もいらっしゃるかもしれません。今回の記事でご紹介する[3190]ホットマンは、そんなFC関係の企業なのですが、なんとびっくりなことに同社自身が「FCの加盟店(フランチャイジー)」として上場まで果たしているんですよね。

このフランチャイジーとして上場した企業は、ちょくちょくありまして、当ブログでは現在も保有している銘柄である[3190]ホットマンと、過去に保有していたことのある[3177]ありがとうサービスを紹介したことがあります。また、[7508]G-7ホールディングスは個人的に購入しても良いと考えていた銘柄なのですが、株価が好調すぎてすっかり買い時を逃してしまった印象です。


スポンサーリンク

[3190]ホットマン 第43回株主通信

ホットマン 第43回株主通信

さて、今回はそんな[3190]ホットマンから株主通信をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。なお、同社はJCBギフトカードの優待銘柄であり、その内容に興味がある方も多いと思うのですが、優待は9月分の権利確定のみとなりますので、今回の記事では後半でその概要をご紹介するのみにとどめたいと思います。

[3190]ホットマン 2017年5月現在の展開ブランド

ホットマン 2017年5月現在の展開ブランド

カー用品専門店のイエローハットをメインに展開している[3190]ホットマンですけれども、それ以外にも上記のように色々なブランドのFCに加入しています。カーセブンやアップガレージ、タイヤ流通センターなどの車関係がメインとなっていますが、それ以外にもTSUTAYAやダイソー、果ては宝くじ売り場にまで参入していますね。将来的には、これらのFC加盟でブレイクする可能性もあるのではないでしょうか。

[3190]ホットマン 2017年5月現在の店舗数

ホットマン 2017年5月現在の店舗数

[3190]ホットマンの2017年5月現在の店舗数は113店舗となっておりまして、今後はこの店舗数を200店舗、300店舗と拡大していく構想のようですね。株主としてはいずれは達成してほしいと思っているのですが、実は2年前の株主通信の時からまだ1店舗しか増えていません。このペースでの店舗数増加が続くとすれば、200店舗の達成まであと174年かかってしまうことになりますね。

[3190]ホットマンの株主優待(9月 年1回)

JCBギフトカード
■ 100株以上:1,000円分
■ 300株以上:2,000円分
■ 1,000株以上:3,000円分
※ 6カ月以上継続保有(3月および9月の株主名簿に同一株主番号で連続2回以上記載)した株主のみ贈呈します。

過去記事:[3190]ホットマン 2016年9月権利確定分の株主優待

[3190]ホットマンの株主優待・業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.