世界有数の規模のIT系の会社にしては珍しい高配当株式です。[CSCO]シスコシステムズから配当金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

世界有数の規模のIT系の会社にしては珍しい高配当株式です。[CSCO]シスコシステムズから配当金をいただきました。

自分は認めているのに、周りの人は誰も認めてくれないたっちゃんのパソコン・ITアレルギー。私自身は本当にパソコンが苦手だと思っており、ワードやエクセルの使い方すら知らない、そもそも普段はメモ帳以外PCの機能をなにも使っていないのですが「たっちゃんって元ネット通販店長でしょ?」「今やっているブログはなんなんだよ?」というツッコミはリアルでもネットでも色々といただきます。

それはさておき、私はIT関連、特にネットワーク関係の銘柄には好んで投資する傾向にあります。良くも悪くもこの分野というのは、21世紀の社会には欠かせないインフラだと思うんですよね。そのネットワーク関係の世界で、世界有数の企業となっているのが、今回の記事でご紹介する[CSCO]シスコシステムズです。同社は、大型のIT株ではそれほど多くない高配当株式の1つでもありますね。


スポンサーリンク

[CSCO]シスコシステムズ 簡単なご紹介

さて、[CSCO]シスコシステムズは今を遡ること30年ちょっと前の1984年にスタンフォード大学で働いていたコンピューター技術者によって創業された会社です。ルータなどのネットワーク機器でおなじみの会社ではあるのですが、ルータを初めて作った会社というわけではないようですね。

1984年に創業した[CSCO]シスコシステムズではありますが、その後1990年には早くも株式の上場をしています。その後、ITバブル時の2000年にはなんとびっくりなことに一時時価総額が世界一になることもありました。2017年時点では急成長する会社とは言い切れないと思うのですが、前述のように社会に欠かせないインフラであり、これからは安定した業績が期待できるのではないかと思っています。

[CSCO]シスコシステムズ 過去5年間の株価推移


※ 上記の株価チャートはグーグルファイナンスから 2017年7月15日記録

さて、上記でご紹介している過去5年間の[CSCO]シスコシステムズの株価推移を見てみると、概ね株価は2倍程度になっていますね。IT系の会社の中には、それ以上に株価が上がっている会社も珍しくはないのですが、それでも業績安定・株価安定の傾向の会社を好む私の保有銘柄の中では、絶好調の銘柄の1つであると言えます。

[CSCO]シスコシステムズから配当金をいただきました

シスコシステムズ 配当金

さて、今回は[CSCO]シスコシステムズから1株あたり0.29$の配当金をいただきました。保有口数は190株でありまして、法人での源泉徴収税を差し引きした後の米ドル建てでの手取りは42.07$でした。日本円換算すると4.735円を受け取った事になります。なお、[CSCO]シスコシステムズの2017年7月15日現在の予想配当利回りは3.7%程度となっています。

[CSCO]シスコシステムズの分析・配当・株価などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.