[9861]吉野家HDのはなまるうどんで一気に優待券を600円分消化します。「塩豚温玉ぶっかけうどん」などのランチタイム。 - 高配当株で配当金生活

[9861]吉野家HDのはなまるうどんで一気に優待券を600円分消化します。「塩豚温玉ぶっかけうどん」などのランチタイム。

[9861]吉野家HDの傘下のうどんチェーンで、国内ではNo.2の規模の「はなまるうどん」グループ。以前は、丸亀製麺を運営する[3397]トリドールの本拠地エリアである、兵庫県南部エリアにはほとんど出店していなかったのですが、最近は丸亀製麺が近所に出店している兵庫県エリアでも構わず出店してくる傾向にありますね。[9861]吉野家HDの株主優待券は常にあまりがちになってしまう傾向にありますので、個人的にははなまるうどんの出店が増えるのはうれしいことだと思っています。


スポンサーリンク

[9861]吉野家HD はなまるうどん 優待券を一気に2枚使う

吉野家HD 優待券を一気に2枚使いやすいうどん

さて、[9861]吉野家HDのはなまるうどんのお店は、その単価が比較的安めに設定されていますので、130円のかけうどん、もしくは200円のおろししょうゆうどんと天ぷらを合わせて300円程度食べて、優待券を1枚使うというのが王道の使い方かもしれません。

ただ、私の場合はそういう感じでちょろちょろと優待券を使っていると、最後まで使いきれないという悲劇のオチになってしまう予感がしますので、はなまるうどんに行く時はなんとしても一気に600円(300円の優待券を2枚使う目標)消化するようにしています。上記でご紹介しているような、ちょっと豪華な450円シリーズのうどんを頼むと一気に目標達成が近づきますね。

[9861]吉野家HD はなまるうどん げその天ぷら

吉野家HD はなまるうどん げその天ぷら

さて、普段のはなまるうどんでは一番高い天ぷらが140円ということが多いように思えるのですが、今回訪れた時は期間限定の「ゲソの天ぷら」が160円で販売されていましたので、この天ぷらをチョイスすることにしました。この天ぷらと450円のうどんを組み合わせれば610円の定食の完成ですね。

[9861]吉野家HD はなまるうどん 塩豚温玉ぶっかけ

吉野家HD はなまるうどん 塩豚温玉ぶっかけ

上の画像でもご紹介した450円のうどんメニューのうち、どれを選ぶかは迷いました。今回は、塩豚温玉ぶっかけうどんを選択しています。本当は、同じ値段であれば牛肉系のうどんの方が美味しいように思えるのですが、カロリーが200kほど差があったので、今回は豚肉の方をいただいています。なお、今回の店員さんはちょっとねぎが少なすぎるような気がしました。ネギ好きの私としては残念ですね。

[9861]吉野家HDの株主優待 (2月/8月 年2回)

1枚あたり300円相当の食事券
■ 100株以上:10枚
■ 1,000株以上:20枚
■ 2,000株以上:40枚

[9861]吉野家HD 2017年2月権利確定分 株主優待過去記事

[9861]吉野家HDの株主優待・業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.