紳士肌着で有名な株主優待銘柄[3002]グンゼですが、最近はプラスチックフィルムなどが好調です。期末の配当金もいただきました。 - 高配当株で配当金生活

紳士肌着で有名な株主優待銘柄[3002]グンゼですが、最近はプラスチックフィルムなどが好調です。期末の配当金もいただきました。

紳士肌着の分野では国内No.1であり、実際にその商品を使っているという読者の方もいらっしゃるのではないかと思われる [3002]グンゼ。同社は京都府綾部市というところで創業している会社です。私自身が「京都贔屓」であることと、私自身が同社の製品を愛用していることもあって、配当金生活の初期の頃から長年にわたってPF入りしている銘柄ですね。


スポンサーリンク

[3002]グンゼ 第121期 株主通信

グンゼ 第121期 株主通信

さて、今回はそんな[3002]グンゼから同社の第121期株主通信と期末の配当金をいただいていますので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。もともと、京都・綾部市の養蚕業を活発化させて、地元産業に貢献したいという思いで創業された[3002]グンゼ。実は明治時代に創業している老舗の1つなんですよね。

[3002]グンゼ 機能ソリューション事業

グンゼ 機能ソリューション事業

さて、[3002]グンゼといえば肌着類などの「アパレル事業」のイメージが強い方が多いと思うのですが、実は営業利益で見ると同社の稼ぎ頭となっているのは「機能ソリューション事業」なのです。この事業でメインとなっている素材は「プラスチックフィルム」ですね。ペットボトルなどには欠かせないこのプラスチックフィルム。普段見かける商品のフィルムも実は[3002]グンゼ製だというものが多いのかもしれませんね。

[3002]グンゼ ライフクリエイト事業

グンゼ ライフクリエイト事業

また、売上高では全体の1割強ながら、営業利益では2割近くを稼ぎ出しているのが同社の「ライフクリエイト」事業です。不動産賃貸業や、スポーツクラブの運営が含まれる事業ですね。スポーツクラブは関東地方から中国地方まで幅広く出店してはいるのですが、お店が多いのは同社の本拠地である関西エリアなので、それ以外の地域の方は一度も聞いた事がないという方も多いのではないかと思います。

[3002]グンゼ 2017年3月期 期末配当金

グンゼ 2017年3月期 期末配当金

さて、今回は[3002]グンゼから1株あたり7.5円の配当金をいただきました。保有株数は1,000株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は6,352円ということになりました。なお、2017年6月28日現在の[3002]グンゼの予想配当利回りは約1.8%です。また、今回の記事で紹介しなかった、優待関係に興味があるという方は下記の過去記事をご参考ください。

[3002]グンゼの株主優待(9月/年1回)

(1)自社商品(肌着・パジャマ)または(2)「GUNZEポイント」付与
■ 1000株以上:(1)2,000円相当または(2)2,000ポイント
■ 3000株以上:(1)4,000円相当または(2)4,000ポイント
※ [3002]グンゼの株式を長期で保有すると優遇があります。

[3002]グンゼ 2016年9月権利確定分の株主優待

[3002]グンゼの株主優待・業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.