ついに動いた老舗リート[8958]グローバル・ワン不動産投資法人から分配金。10年ぶりに増資をして大型物件を取得しました。 - 高配当株で配当金生活

ついに動いた老舗リート[8958]グローバル・ワン不動産投資法人から分配金。10年ぶりに増資をして大型物件を取得しました。

今回は、2015年にその投資口価格推移が好調だった時に一旦お別れし、最近になって買い戻しをおこなったオフィス専門のリートである[8958]グローバル・ワン不動産投資法人をご紹介することにしたいと思います。

売却して2年で買い戻しって早くない?とツッコミはありそうですが、2015年のピーク時より投資口価格は2割程度下がり、分配利回りが4%程度にまで戻ってきたので、そろそろ様子見の買い戻しもアリかなと思いました。現在、2口の保有ですが、今後3〜4口までは買い増しの可能性があります。

[8958]グローバル・ワン不動産投資法人 第27期資産運用報告書

グローバル・ワン不動産投資法人 第27期資産運用報告書

さて、今となっては堂々の老舗リートの1つとなった[8958]グローバル・ワン不動産投資法人。今回で第27期が終了したので、まもなく満14年を迎えることになりますね。テナント退去や物件入れ替えの影響で、かつては1万円を超えていた分配金が最低で5,289円まで下落してしまい「大丈夫?」と感じてしまう時期もありましたが、今期の予想分配金は7,690円ということなので、一時期のイマイチだった頃よりは状況が好転していますね。

[8958]グローバル・ワン不動産投資法人 10年ぶりの公募増資です

グローバル・ワン不動産投資法人 10年ぶりの公募増資です

さて、保有している物件は悪くはないものの、リートの規模拡大には欠かせない「増資」を10年も行ってきていなかった[8958]グローバル・ワン不動産投資法人。資金調達して新規で物件を取得しないとジリ貧では?と心配していたのですが、今年春に10年ぶりの公募増資を実施し、大型の物件を2つ新規で取得しています。「近・新・大」を信条とする同社の割には、10年強の築年数はちょっと古い?と感じてしまいますが、他の2つの信条は守られているように思いますね。

[8958]グローバル・ワン不動産投資法人 物件数は11です

グローバル・ワン不動産投資法人 物件数は11です

今回の公募増資にともなう資金を活用して、あらたに2物件を取得した[8958]グローバル・ワン不動産投資法人ですが、実は今回の2物件を合わせて投資している物件数はわずか11にとどまっています。11物件とはいえ、資産規模は2,000億円近いので十分な規模だとは思うのですが、1兆円規模のトップのオフィスリートに比べてしまうとややイマイチという感は否めませんよね。

[8958]グローバル・ワン不動産投資法人 第27期 分配金

グローバル・ワン不動産投資法人 第27期 分配金

さて、今回は[8958]グローバル・ワン不動産投資法人から1口あたり7,494円の分配金をいただきました。保有口数は2口でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は12,693円ということになりました。なお、2017年6月28日現在の[8958]グローバル・ワン不動産投資法人の予想分配利回りは4.0%前後となっています。

[8958]グローバル・ワン不動産投資法人 銘柄紹介ページ

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.