大宮方面から中央線国立〜八王子まで乗り換えなし。快速電車むさしの号八王子行きに乗車です。(北海道新幹線グランクラス体験日記 その15) - 高配当株で配当金生活

大宮方面から中央線国立〜八王子まで乗り換えなし。快速電車むさしの号八王子行きに乗車です。(北海道新幹線グランクラス体験日記 その15)

今回は、昨年2016年3月に開業した北海道新幹線の超高級な『グランクラス』を体験するために、わざわざ函館経由で大阪から東京に向かった旅行の15回目の記事となります。13回目までの記事ですでにグランクラスの体験は終わっているのですが、今回まで旅行記は続きます。

前回の記事では、北海道新幹線を下車した埼玉県の大宮駅にある台湾のタピオカミルクティーの名店「春水堂」にてディナーを楽しみましたが、今回はJR東日本の1日に数本しか見られない珍しい電車である「むさしの号」に乗車してみることにしたいと思います。


スポンサーリンク

JR東日本 大宮駅 3番ホームにやってきました

JR東日本 大宮駅 3番ホームにやってきました

さて、今回の記事はJR東日本の大宮駅・3番ホームからスタートしたいと思います。この駅は色々な路線が交錯する埼玉県の主要駅の1つでありまして、JR東日本の駅の中では8位前後、全国全てのJRの駅の中でも10位前後と、国内を代表する駅の1つと言っても過言ではないと思いますね。今回は、その3番ホームから出発する電車である「むさしの号 八王子行き」に乗車することにしたいと思います。

むさしの号・しもうさ号の停車駅

むさしの号・しもうさ号の停車駅

JR東日本の路線をご存知ない方にとっては、なんのこっちゃという話だと思いますが、ある程度路線を知っている方にとっても「あれ?大宮駅から八王子駅ってどうやっていくの?」と思ってしまう方もいらっしゃると思います。実は、普段はほとんど直通の電車はないのですが、大宮駅方面から途中武蔵野線という路線に入ることができまして、さらに西国分寺駅あたりで中央線に合流することもできるんですよね。その路線を利用して、1日に3本だけ八王子行きの電車が設定されています。

しもうさ号 西船橋駅行き

しもうさ号 西船橋駅行き

今回は、時間調整に失敗してちょっと早めに3番ホームに来てしまいましたので、八王子行きの24分前の「しもうさ号 西船橋行き」にも遭遇することができました。この電車も大宮駅の少し先で武蔵野線に入りまして、西国分寺とは逆方面に向かうことになりますね。1つ上の画像をみるとわかるように、西船橋まではかなり長い旅路となります。首都圏では意外に普通の通勤距離かもしれませんけどね。

むさしの号 八王子駅行き

むさしの号 八王子駅行き

そして、しばらく待っていると今回乗車する「むさしの号 八王子行き」が入線してきました。大宮方面から中央線方面へ一発でいける便利な電車だから意外に混むのかな?と思いきや、待っている人はそれほど多くなく、大宮駅を出る時点で座席が埋まるということはありませんでした。最後、八王子駅に到着するまで立っている人はそれほどいなかったですね。この2地点を往復するという方にとっては、美味しい通勤電車と言えるのかもしれません、

むさしの号 八王子駅行きの車両

むさしの号 八王子駅行きの車両

むさしの号はあくまで「快速電車」ですので、特急車両のような豪華な車両が割り当てられることはありません。こんな感じで、首都圏で以前よく見かけたような通勤タイプの車両が割り当てられていますね。ただ、それほど混んでいるわけでもなく、ゆったりと座れましたので今回八王子まで移動するのにこの電車を選択したのは正解だったのかなと思いました。グランクラス体験日記なのに、最後はこういう通勤タイプの電車で終わるのは自分らしいように思いますね。

北海道新幹線グランクラス体験日記 前後の記事

■ 前の記事:大宮駅 タピオカミルクティーで有名な台湾の名店春水堂ディナー
■ 最初の記事に戻る:旅のスタートはいつも伊丹空港から 国内線ANAラウンジ

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.