毎日暇すぎてたっちゃん錯乱状態!? なぜかたったの1.59%の利回りの米国債をお買い上げです。その他、今日は合計4銘柄を売買しました。 - 高配当株で配当金生活

毎日暇すぎてたっちゃん錯乱状態!? なぜかたったの1.59%の利回りの米国債をお買い上げです。その他、今日は合計4銘柄を売買しました。

最近は相場の動きが小さく、また一時期積極的に取り組んでいた「米国株ETFから個別銘柄への乗り換え」も目標金額をほぼ達成したため、久しぶりに1ヶ月に渡って何も取引をしないという暇な時を過ごしてしまいました。

さて、2017年5月中旬に保有していた「生の米国債」が1万ドル分償還されまして、手持ちに1万ドルの米ドルMMFが余っている状態でした。このMMFはもうちょっと円安になったら円転しようと思って機会を待っていたのですが、そう思っているといつまで経っても円安になりません。

最近は米国の利上げのおかげで、米ドルMMFも0.8%程度の利回りがつくようになってきており、このままMMFでも良いかな?と思ったのですが「そういえば、ブログを開始してから一度も生の米債を買ったことがない」ということを思い出し、思い立ったが吉日ということで、一度生の米債を買ってみることにしました。


スポンサーリンク

参考:たっちゃんの配当金生活のポートフォリオ 投資ルール

ポートフォリオの基本保有比率(2017年6月現在)

株式:38%
債券:38%
リート:24%
※ 国内資産と海外資産は基本的に1:1の保有比率を目指しています

参考:たっちゃん投資法 ブログに登場する用語の説明

リバランス:『株式:債券:リート=38:38:24』から絶対値で1%ズレた時に元のバランスに戻すように売買を行います。特定の銘柄を買い増し・売却する場合は、1%ズレていなくてもその度にリバランスを行っています。
ナンピン:配当金生活のポートフォリオの現金を除いた部分の時価が10%下落した時に5%分だけナンピンを行います。こちらは、滅多に発生しない事象でありまして、2009年以降、ナンピンは東日本大震災の時と2013年6月の2回しか行っていません。
利益確定:配当金生活のポートフォリオの現金を除いた部分の時価が5%上昇した時に5%分だけ利益確定を行います。自分の性格上、ナンピンよりも利益確定の方が発生しやすくなっています。2009年以降、13回利益確定を行いました。

投資ルール・運用方針についてもっと詳しく知りたい方はこちら

利回り1.59%は物足りないですが米国債を買ってみました

利回り1.59%は物足りないですが米国債を買ってみました

さて、五年以上ブログを続けてきて「米国債から利金をいただきました」という記事は時々書いていたのですが、PF内の既存の保有米国債は全てブログ執筆開始前に購入していたものなので「購入しました」と報告するのがこれがはじめてのことになりますね。

今となっては、アメリカの債券については、生の米国債に投資するよりも[AGG]iシェアーズ米国総合債券ETFなどに投資した方が良いのではないかと考えています。信託報酬も0.05%と十分に低いですし、生の米国債よりも流動性が高いですからね。

生の米国債については債券ETFとは違い「今後x年の利回りがy%に確定する」という利点があります。ただ、今回の場合は5年5ヶ月で1.59%であり、この利回りで確定したとしても全然美味しい水準ではありません。具体的な基準としては、生の米国債の利回りが10年もので4%以上になれば、積極的に購入していきたいと思っています。ちなみに、今回わざわざ1.59%で購入したのは、あくまでネタ作りのためであって例外中の例外と考えていただければと思います。

2017年6月15日に以下の4銘柄を売買しました

本日売却した銘柄一覧(3銘柄)

[7518]ネットワンシステムズ:500株→400株へ
[9934]因幡電機産業:100株全部売却
個人向け国債:3,700万円→3,650万円へ

さて、本日は米国債を購入するのがメインということになるのですが、そのついでにポートフォリオのバランスを整えることにしました。今日の時点では、株式が債券・リートに比べて少しだけプラスになっていたので、国内株式のうち上記の2銘柄を売却しています。

[7518]ネットワンシステムズはネットワーク構築の分野では大手の会社です。かつては、業績大コケで保有銘柄の中で騰落率最下位となったこともあったのですが、業績減速時にあまり減配をしなかった点を評価して、株価の大底で涙のナンピン。それが報われた銘柄です。

[9934]因幡電機産業は電線や配線などをメインに扱う独立系の専門商社です。その地味な取り扱い商品はなんとも私好みではあります。ただ、過去を振り返ると2016年3月期にEPSが前期比で1割しか減少していないのに、なぜか129→100円に減配したことがあったんですよね。これがどうしてもひっかかるので、配当利回り2%台まで低下しているこの機会にお別れすることにしました。

債券クラスで「個人向け国債売り、米国債買いはなぜ?」とツッコミされてしまいそうですが、これは直近の円高のせいで国内資産:海外資産=50:50の目標のところ、やや円建て資産が+に振れていたためです。この機会に円貨:外貨のバランスも調整しています。

本日購入した銘柄一覧(1銘柄)

生の米国債:9,000$分購入 合計で約1,300万円に買い増し

購入理由は上記の通りです。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.