地味な専門商社ながらたっちゃんの国内株式ポートフォリオで成績第3位の超優良銘柄。[3176]三洋貿易から中間配当金です。 - 高配当株で配当金生活

地味な専門商社ながらたっちゃんの国内株式ポートフォリオで成績第3位の超優良銘柄。[3176]三洋貿易から中間配当金です。

普段からブログで時々述べているように、私自身は投資する銘柄を選定するにあたって、スクリーニングした後はそれほど吟味をせずにパッと購入してしまいます。分析大好き派の人からすると「なんていい加減な!」とツッコミを受けてしまいそうなのですが、そういう私の方針が故にたまに「思いがけず大ブレイクする銘柄」に出会うこともあるんですよね。今回の記事でご紹介する[3176]三洋貿易はその1社ということになります。


スポンサーリンク

[3176]三洋貿易 2017年9月期 中間配当金に関するご案内

三洋貿易 2017年9月期 中間配当金に関するご案内

今回の記事でご紹介する[3176]三洋貿易は会社名からも想像しやすいように「専門商社」の一角ということになりますね。メインとして取り扱いしている商品は「ゴムや化学系の商品」となっています。メイン商材のゴムは「自動車産業」で大活躍する素材なので、最近の自動車産業が堅調なこともあって、同社の業績自体も堅調に推移していますね。

戦後すぐの創業であり、実は今年で創業70周年となった[3176]三洋貿易。老舗ではあるのですが、その上場は2012年の10月のことでありました。当時は安倍政権が誕生する直前でありまして、まだ相場環境が悪かったことから上場直後の株価はかなり安く予想配当利回りが6%台もあったんですよね。

その後5年間で株価が5倍近くになってしまったので、現在は高配当株式から陥落しており、保有株数も100株まで減少しました。お世話になった銘柄なので、高配当ではなくなった今でも100株だけは保有し続けて銘柄ウォッチをしています。

[3176]三洋貿易 2017年9月期 中間配当金

三洋貿易 2017年9月期 中間配当金

さて、今回は[3176]三洋貿易から1株あたり28円の中間配当金をいただきました。あれ?この時期に中間配当金?とツッコミがありそうですが、同社は私の保有銘柄の中では数少ない9月決算の銘柄なんですよね。ということで、普通の3月決算の会社と比べると中間期と期末がちょうど表裏の関係になっているのです。

以前はもっと多くの株数を保有している時期もあったのですが、現在の保有株数は100株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は2,372円ということになりました。なお、以前は6%の高配当銘柄だった時期もあった同社ですが、2017年6月15日現在の同社の予想配当利回りは2.5%程度となります。

[3176]三洋貿易 詳しい銘柄紹介記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.