米国投資適格債券に超幅広く投資。分配利回りは2%台です。[BND]バンガード米国トータル債券市場ETFから分配金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

米国投資適格債券に超幅広く投資。分配利回りは2%台です。[BND]バンガード米国トータル債券市場ETFから分配金をいただきました。

今回は、ポートフォリオの中に「海外債券」を組み入れたいという方にはおすすめできるETFの1つである[BND]バンガード米国トータル債券市場ETFをご紹介することにしたいと思います。私のポートフォリオの中には、似たような商品の[AGG]米国総合債券ETFという商品もあります。つまりは運用社が違う2商品ですが、2017年6月現在はどちらの商品を選んでもそう大差はないようです。なお、私自身は両者を1:1程度の割合で保有するように努めています。


スポンサーリンク

[BND]米国トータル債券市場ETF 5つのポイント(2017年6月現在)

ブルームバーグ・バークレイズ米国総合浮動調整インデックスへのパフォーマンス連動を目指します(バンガード公式ウェブサイトから引用)

・投資対象:米国の投資適格債券全般
・保有銘柄数:約8,700
・信託報酬:0.05%
・ベータ値:ー0.04
・分配金利回り:約2.5%
※ ベータ値とは株価指数と該当商品の値動きの相関性をいいます。1より小さいほど株価指数との値動きの連動性が低く、私はこの数字が小さい銘柄に好んで投資する傾向にあります。

「ブルームバーグ・バークレイズ米国総合浮動調整インデックス」という指数の名前は一見するとちょっと意味がわからないという方もいらっしゃると思いますが、詳しい定義はあまり気にする必要はないと思います。要するに米国の投資適格債券で5〜10年くらいの長さのものに投資している指数であると考えると良いでしょう。

[BND]バンガード米国トータル債券市場ETF 過去5年間の値動き


※ 上記の株価チャートはグーグルファイナンスより 2017年6月11日記録

[BND]バンガード米国トータル債券市場ETFは投資適格債券で、しかも償還までの期限が5〜10年程度と適度な長さの債券に投資するものなので、債券価格の変動がびっくりするほど大きいわけではありません。それでも、短期債券に投資するETFと比べると価格変動が大きいことは事実ですね。数年に一度は年に5%程度の変動を覚悟しておく必要はありそうです。

また、円建ての投資成果を気にする方であれば、米ドル建てで変動が少なくとも、円建てでは大変動ということもありうるので注意は必要ですね。私自身は、日々の変動はあまり気にしないようにしています。

[BND]バンガード米国トータル債券市場ETF 今月の分配金

バンガード米国トータル債券市場ETF 今月の分配金

さて、[BND]バンガード米国トータル債券市場ETFから1口あたり0.173602$の分配金をいただきました。保有口数は665口でありまして、個人での源泉徴収税を差し引いた後でいただいた配当金の金額は88.22$ということになりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと、実際に受け取った配当金の金額は9,734円です。なお、2017年6月11日現在の[BND]バンガード米国トータル債券市場ETFの分配利回りは2.5%前後となっています。

[BND]バンガード米国トータル債券市場ETF 銘柄解説・過去の分配金

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.