高配当メガバンク[8411]みずほFGから定時株主総会招集通知と期末配当金。今回は総会で株主からの議案が17件もありますね。 - 高配当株で配当金生活

高配当メガバンク[8411]みずほFGから定時株主総会招集通知と期末配当金。今回は総会で株主からの議案が17件もありますね。

個人投資家の方に人気の銘柄といえば100人中何人かの方は「メガバンク」を挙げるのではないかと思います。メガバンク3社は、日本を代表する企業ですし、日々の生活にも密着しています。また、三菱UFJ以外の2社は配当利回りも比較的高いことから、配当目当ての投資家の方にも人気があると思いますね。

ちなみに、日本経済新聞電子版のページでは銘柄別の検索数ランキングが紹介されているのですが、2017年6月10日にウェブサイトをみたところ、今回の記事でご紹介する[8411]みずほFGが2位、[8306]三菱UFJが5位、[8316]三井住友FGが12位に入っています。1位はあの[6502]東芝なので、[8411]みずほFGは実質1位と言っても差し支えないくらいかもしれませんね。


スポンサーリンク

[8411]みずほFG 第15期定時株主総会招集通知をいただきました

みずほFG 第15期中間報告書をいただきました

さて、今回はそんな[8411]みずほFGから同社の第15期の定時株主総会招集通知と期末の配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。以前の同社といえば、配当利回りが4~5%台ということも珍しくなかったのですが、昨年の秋以降については配当利回り4%台というのは滅多に見られなくなってきました。

[8411]みずほFG 一部の株主からの色々な提案

みずほFG 一部の株主からの色々な提案

2017年6月9日の日本経済新聞には株主総会における「株主の提案する議案数が過去最高になった」という記事がありました。この記事によると、2017年6月9日現在で議案数は209にのぼっておりまして、これは昨年度よりも25%の増ということなんですよね。

株主の提案する議案といえば、以前一部の会社であった「おもしろ議案」が話題となりましたが、本当は会社のためのことを思って議案を提案するケースがほとんどであることから、株主総会を最高の意思決定機関とする今の会社構造では重要なものだと思っています。そんな偉そうなことをいいつつ、自分自身は議決権を行使していないので全然説得力はないかもしれませんけどね。

[8411]みずほFG 第15期 期末配当金

みずほFG 第15期 期末配当金

さて、今回は[8411]みずほFGから1株あたり3.75円の配当金をいただきました。保有株数は2,000株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は6,352円ということになりました。なお、2017年6月10日現在の[8411]みずほFGの配当利回りは3.8%前後となっています。

[8411]みずほFGのもっと詳しい銘柄紹介ページ

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.