なんと世界唯一の○○水総合メーカーなんだそうです。保有全銘柄の中で10位以内の絶好調株[6757]OSGコーポレーションから事業報告書。 - 高配当株で配当金生活

なんと世界唯一の○○水総合メーカーなんだそうです。保有全銘柄の中で10位以内の絶好調株[6757]OSGコーポレーションから事業報告書。

専業投資家であれば「個々の銘柄をバリバリに分析して投資銘柄を発掘する」というイメージをお持ちの方が多いと思うのですが、実は私自身は投資する銘柄は「スクーリニング」したものから適当にピックアップするという方針をとっておりまして、銘柄分析にはほどんと時間をかけていません。適当すぎでは?というツッコミもあろうかと思うのですが、そういう適当さが故に意外なブレイク銘柄を発掘することもあるんですよね。

[6757]OSGコーポレーション 第47期年次報告書

OSGコーポレーション 第47期年次報告書

今回の記事でご紹介する[6757]OSGコーポレーションはジャスダック上場の小型株です。事業のテーマは「お水」でありまして、一般的な家庭でも利用可能な宅配のお水から、業務用のウォータークーラーに関連機器まで幅広い事業に取り組んでいる会社です。

一時期は、業績の推移がイマイチで、その結果株価もイマイチな高配当銘柄だったのですが、そういう時期に適当にスクリーニングで発掘して投資した結果、今ではポートフォリオ内を代表する成功銘柄の1つとなってしまいました。騰落率は全銘柄の中で10位以内という大健闘っぷりなんですよね。

[6757]OSGコーポレーション 世界唯一 機能水総合メーカー

OSGコーポレーション 世界唯一 機能水総合メーカー

さて、今回の事業報告書によると[6757]OSGコーポレーションは世界唯一の機能水総合メーカーなんだそうです。機能水?という方も中にはいらっしゃると思いますが、この用語にはきちんとした定義がありまして「人為的な処理によって再現性のある有用な機能を付与された水溶液の中で、処理と機能に関して科学的根拠が明らかにされたもの、及び明らかにされようとしているもの」だそうなんですよね。

難しいことは置いておくとしまして、要するに「処理をしたお水」のことで良いのではないかと思います。そういう「機能水」を扱っている総合メーカーが[6757]OSGコーポレーションだけって本当?とツッコミしたくはなりますが、お水専業メーカーの同社がそういうのであれば間違っている情報ではないんでしょうね。

[6757]OSGコーポレーション 最近の業績推移

OSGコーポレーション 最近の業績推移

[6757]OSGコーポレーションは2013年1月期までは業績の推移がややイマイチであり、それが故に株価推移もイマイチで結果的に高配当銘柄となっていました。その後、2014年1月期以降は業績が上昇傾向に転じまして、特に2015年1月期→2016年1月期の営業利益の伸びが著しいですよね。

業績の向上にともない、5年前に比べると配当も6割ほど増えているのですが、株価はそれ以上に上がってしまっているため最近の配当利回りは3%前後と「高配当銘柄」の認定水準の危機を迎えています。2018年1月期は今の所は配当ヨコヨコ予想ですが、今年も業績は伸びる予定なのでさらなる増配に期待したいところですね。

[6757]OSGコーポレーション 1Q決算は超大コケ!?

と、ここまでの記事だけをみると、現在の[6757]OSGコーポレーションは順風満帆のように見えるのですが、先日2017年6月9日に発表された第1四半期の決算をみると、売上高が大コケで営業赤字に転落してしまっています。決算短信を読むと「販売方法や人員配置の見直しによる一時的影響」とあり、通期の予想は変更してしまいません。とはいえ、ここまで豪快な減速だと少し心配にはなってしまいますね。

[6757]OSGコーポレーション 保有銘柄カタログの解説記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.