連続増益・連続増配記録更新中。人事サービスの小型・高配当株式の[4327]日本エス・エイチ・エルから中間配当金です。 - 高配当株で配当金生活

連続増益・連続増配記録更新中。人事サービスの小型・高配当株式の[4327]日本エス・エイチ・エルから中間配当金です。

このブログをご覧の方の多くは現役の社会人の方、もしくは、かつて社会人だった方が多いと思います。ということで、おそらくは多くの方が就職の面接や就職のための筆記テストなどを経験したことがあると思うんですよね。私も、当然ながら学生時代の時は頑張って就職試験を受けたものです。大人になってからも1回だけ試験を頑張ったのですが、面接で即落ちという面白ネタもかつて過去記事でありましたね。


スポンサーリンク

[4327]日本エス・エイチ・エル 第31期事業報告書

日本エス・エイチ・エル 第31期事業報告書

それはさておき、今回は人事サービスの[4327]日本エス・エイチ・エルから同社の中間期報告書と中間配当金をいただいていますので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。同社は基本的には人事系のサービスを提供する会社なのですが、そのサービスをもう少し詳しく見て見ると「採用関係のツール」と「人事評価のツール」の大きく2つにわかれています。

過去の記事でも同じことを述べたことがあるのですが、基本的には[4327]日本エス・エイチ・エルのようなサービスは、一度会社で使い始めると、その利用をやめるということはなかなかないのではないかと思います。一旦外注したこういう人事サービスを、後から自社でまかなうというのは面倒そうですしね。

[4327]日本エス・エイチ・エル 安定した業績推移です

日本エス・エイチ・エル 安定した業績推移です

そういう同社のサービスならではの特色もあり、さらに、最近は企業の採用意欲が非常に高まっていることも追い風となって、業績は毎期毎期着実に伸びております。また、配当性向50%を方針としていることから、結果的に毎期毎期の連続増配が続いているんですよね。

配当性向50%ということは、将来の業績減速時にはきっちり配当性向を適用してくれば、減配のリスクは否定できません。また、最近はどう考えても企業の採用状況が良いように思えます。いずれは、この景気の変調に伴って逆風下に置かれることはあると思うんですよね。ただ、不景気でも採用が0にならない限りは、ある程度同社のサービスは使われるものと思います。普通の景気連動銘柄に比べると業績の変動はまったりなのではないかと予想しています。

[4327]日本エス・エイチ・エル 2017年9月期 中間配当金

日本エス・エイチ・エル 2017年9月期 中間配当金

さて、今回は[4327]日本エス・エイチ・エルから1株あたり55円の配当金をいただきました。保有株数は200株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は9,316円ということになりました。なお、この記事を執筆している2017年6月4日時点での同社の予想配当利回りは3.1%程度となっています。

[2719]日本エス・エイチ・エル 詳しい銘柄紹介記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.