分配利回りはおおよそ3%強で安定的に推移しています。[1677]上場インデックスファンド海外債券から分配金です。 - 高配当株で配当金生活

分配利回りはおおよそ3%強で安定的に推移しています。[1677]上場インデックスファンド海外債券から分配金です。

配当金生活のポートフォリオでは、下記の運用方針でもご紹介しているように、全体の19%程度を海外債券で運用することとしています。このうち、配当金生活初期の頃の『海外債券の部』のエース銘柄だったのが、今回の記事でご紹介する[1677]上場インデックスファンド海外債券ですね。今回は、同銘柄から分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

[1677]上場インデックスファンド海外債券 5つのポイント

シティ世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)に連動を目指す上場投資信託(ETF)です。(日興アセットマネジメントの公式ウェブサイトから引用)

・投資対象:主に先進国通貨建ての国債
・参考指数:シティ世界国債インデックス(除く日本)
・決算日:毎月
・信託報酬:0.27%
・分配金利回り:約3.2%

さて、かつては『海外債券の部』のエース的存在だった[1677]上場インデックスファンド海外債券ですが、最新の保有口数はたったの20口(時価100万円程度)にまで縮小してしまいました。代わって私のPFの多くを占めているのが、米国上場の米国債券ETFなんですよね。

[1677]上場インデックスファンド海外債券も決して悪い商品ではないと思うのですが、いつまで経っても人気は出ず普段の売買は閑散としています。その一方で、米国市場の[AGG]iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETFは毎日十分な量の出来高があります。また、ETF大手のiシェアーズシリーズという安心感もあるんですよね。米国債券だけにしか投資できないという欠点はありますが、これからは海外債券の部のエースとして君臨してくれるでしょう。

[1677]上場インデックスファンド海外債券 過去5年間の投資口価格推移


※ 上記の投資口価格チャートはヤフーファイナンスから引用

主に先進国の債券に投資を行っている[1677]上場インデックスファンド海外債券。海外債券ですので、当然ながら為替相場の影響は受けてしまうのですが、元々が債券なのでビックリするほどの値動きにはなりません。株式ほどのワクワク感は得られませんが、日々の値動きに一喜一憂したくないという方は、これくらいの値動きの商品の方が落ち着いて投資できるかもしれませんね。

[1677]上場インデックスファンド海外債券から分配金です

1677 分配金

さて、今回は[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配から1口あたり137円の分配金をいただきました。今回の権利確定時の保有口数は60口でありまして、個人での源泉徴収税20.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は6,551円ということになりました。なお、2017年5月27日現在での実績分配利回りは3.2%程度となっています。

[1677]上場インデックスファンド海外債券 詳細な解説記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.