[9201]日本航空の優待制度は[9202]ANAHDよりイマイチ!? / JAL[9201]の国内線割引優待券を2枚ゲットしました。 - 高配当株で配当金生活

[9201]日本航空の優待制度は[9202]ANAHDよりイマイチ!? / JAL[9201]の国内線割引優待券を2枚ゲットしました。

今回は、昔に比べると株主優待券の使い勝手は悪くなっているものの、それでも、それなりに注目を集めている株主優待制度ではないかと思われる[9201]日本航空の株主優待の話題とご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

[9201]日本航空の優待制度は[9202]ANAHDよりイマイチ!?

航空ファンの私の目から見て、基本的には[9202]ANAHDの優待に比べると割が悪いと思われる[9201]日本航空の株主優待。というのも、[9201]日本航空の方は、優待券で購入できる運賃の席数を絞っているためなんですよね。

[9202]ANAHDの株主優待運賃の方は、基本的には超ピーク時以外は席数の絞り込みが行われていませんが、[9201]日本航空の方は普段から絞りこみが行われており、いざという時に使えない時もあって困ってしまいます。経営再建以前の優待券はそういうことはなかったので、昔に比べると魅力が薄れてしまったと感じますね。

また、2017年5月時点では両社の最低投資単位はほとんど変わらないのですが、優待の枚数で言うと[9202]ANAHDの方が多くなっています。例えば、長期保有を仮定しなければ最低投資単位だと年間の優待枚数が[9202]ANAHDが2枚に対し、[9201]日本航空は1枚しかいただけないんですよね。長期保有であれば差は縮まりますが、長期保有を仮定しなければ基本的に2倍の枚数差となっています。

とはいえ、少し前までであれば[9201]日本航空の方が[9202]ANAHDよりも業績が良く、配当利回りが高いという点で読者の皆様にもお勧めできたのですが、最近の[9201]日本航空はまさかの業績減速で指標面でも[9202]ANAHDの方が割安になってしまっています。配当性向の関係で配当利回りはまだ[9201]日本航空の方が上ではあるんですけどね。

[9201]日本航空の株主優待券(3月/9月 年2回)

株主割引券(普通運賃の50%割引)
■ 100株以上:1枚/年
■ 200株以上:2枚/年(1+1枚)
■ 300株以上:3枚/年(2+1枚)
■ 400株以上:4枚/年(2+2枚)
■ 500株以上:5枚/年(3+2枚)
■ 600株以上:6枚/年(3+3枚)
■ 700株以上:7枚/年(4+3枚)
■ 800株以上:8枚/年(4+4枚)
■ 900株以上:9枚/年(5+4枚)
■ 1000株以上:10枚/年(5+5枚) 以下省略
※ 3年以上継続して保有の場合、300株以上1,000株未満の株主には半年あたり1枚、1,000株以上10,000株未満の株主には半年あたり2枚、10,000株以上の株主には半年あたり3枚追加となります。

[9201]日本航空 2017年3月権利確定分 株主優待券

日本航空 2017年3月権利確定分 株主優待券

さて、私は[9201]日本航空の株式を前回の権利確定時点では400株保有していましたので、今回は2枚の株主優待券をいただきました。[9202]ANAHDならほぼ同じ投資金額で4枚の優待券をゲットできると思うと、相対的にはイマイチに思ってしまいますね。

[9201]日本航空 2017年3月権利確定分 ツアー割引券

日本航空 2017年3月権利確定分 ツアー割引券

そして、こちらはもう1つの優待制度である同社の直営ツアーの割引券となります。上記の画像は海外ツアー7%割引とありますが、国内線ツアー7%割引の券も付属しており、海外・国内ともに株数に限らず2枚ずつの優待券がいただけます。

こちらの割引券については、ネットからの旅行の注文であっても利用することができます。その注文ページは上のページとなっていますので、株主になっている方でそのページを探すのが面倒だという方は、上のページからアクセスいただければと思います。なお、実際にツアーを検索するにはキーワードとパスワードが必要となります。これは、優待冊子内に書かれていますので、優待冊子の方をご参照ください。

[9201]日本航空の株主優待・業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.