最近の上昇した株価でも優待利回り4%(長期保有時)の[3048]ビックカメラから6,000円分の株主優待券と中間配当金です。 - 高配当株で配当金生活

最近の上昇した株価でも優待利回り4%(長期保有時)の[3048]ビックカメラから6,000円分の株主優待券と中間配当金です。

今回は、全国に家電量販店のビックカメラを展開し、さらに、傘下にソフマップやコジマなどを抱えている[3048]ビックカメラから中間配当金と株主優待券をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

[3048]ビックカメラといえば、何と言ってもその魅力は『株主優待制度』につきるのではないかと思います。長年保有している方からすると、最近の同社の株価は上がってしまったという印象をお持ちの方が多いと思います。しかしながら、それでも優待利回りは長期保有を仮定すると4%程度なので割が悪いとまでは言えないんですよね。


スポンサーリンク

[3048]ビックカメラ 第37期中間報告書

ビックカメラ 第37期中間報告書

さて、今回はそんな[3048]ビックカメラから第37期の中間報告書をいただいています。今回の中間報告書によると、同社の2017年8月期中間期時点の営業利益は前年比2割ほど減少の93.5億円となりました。売上高が伸び悩む状況なので、業績もイマイチというのは致し方ないことかもしれませんね。

なお、今の所の同社の業績予想によると、下半期で挽回し結果的には前期比でヨコヨコの業績を目指しているようです。業績が良くても悪くても同社の株式は保有し続ける予定なので、過度には気にしませんが、やはりどちらかといえば業績が良い方がうれしいですよね。

[3048]ビックカメラの株主優待(2月8月 年2回)

買物優待券(1,000円)
■ 100株以上:2月2枚・8月1枚
■ 500株以上:2月3枚・8月2枚
■ 1,000株以上:2月5枚・8月5枚
■ 10,000株以上:2月25枚・8月25枚
※ 8月権利では1年以上の保有で年1枚・2年以上の保有で年2枚追加されます。

[3048]ビックカメラ 2017年2月権利確定分株主優待券

ビックカメラ 2017年2月権利確定分株主優待券

私は[3048]ビックカメラの株式を300株(3名義分)保有していますので、今回はそれぞれの名義で2,000円分ずつ、合計6,000円分の株主優待券をいただきました。今回の優待券はいつも通り、神戸のソフマップか大阪・なんばのビックカメラで利用することにしたいと思います。

[3048]ビックカメラ 期末配当金

ビックカメラ 期末配当金

さて、今回は[3048]ビックカメラから1株あたり5円の配当金をいただきました。保有株数は個人・法人合わせて300株でありまして、それぞれの源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は1,247円となりました。優待金額と配当金額を比較すると、あくまで同社は優待メインであるということがわかりますね。

[3048]ビックカメラの株主優待・業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.