2年3ヶ月ぶりにポートフォリオ利益確定水準に達しました。16銘柄、時価にして1,100万円分以上を一気に売却しています。売却銘柄を全部ご紹介。 - 高配当株で配当金生活

2年3ヶ月ぶりにポートフォリオ利益確定水準に達しました。16銘柄、時価にして1,100万円分以上を一気に売却しています。売却銘柄を全部ご紹介。

今回の記事の本文冒頭でご紹介しているように、配当金生活のポートフォリオではポートフォリオの現金を除いた部分の時価が5%上昇することに、その5%分の利益確定を行うようにしています。文字で書くと難しいように思えるのですが、要するに元々投資した投資商品1万円が時価10,500円になったら500円を現金化して、投資商品1万円分と現金500円にするということです。

そうすると、相場が右肩上がりという事を想定すると、どんどん保有株数、投資口数が減ってしまうのでは?というツッコミがあると思います。そのツッコミは、確かにおっしゃるとおりです。実際、当ブログで受け取っている配当金の金額も配当金生活初期の頃より減少しており、最近はその分を不動産収入で補うという、当初の趣旨からはちょっと外れている点もあるんですよね。

とはいえ、相場については常に悲観的に考えるようにしている私は、いつかはそれなりの規模の株価下落はあり得ると思っており、配当金生活スタート時に決めた方針である細かい利益確定はこれからも貫きたいと思っています。


スポンサーリンク

参考:たっちゃんの配当金生活のポートフォリオ 投資ルール

ポートフォリオの基本保有比率(2017年5月現在)

株式:38%
債券:38%
リート:24%
※ 国内資産と海外資産は基本的に1:1の保有比率を目指しています

参考:たっちゃん投資法 ブログに登場する用語の説明

リバランス:『株式:債券:リート=38:38:24』から絶対値で1%ズレた時に元のバランスに戻すように売買を行います。特定の銘柄を買い増し・売却する場合は、1%ズレていなくてもその度にリバランスを行っています。
ナンピン:配当金生活のポートフォリオの現金を除いた部分の時価が10%下落した時に5%分だけナンピンを行います。こちらは、滅多に発生しない事象でありまして、2009年以降、ナンピンは東日本大震災の時と2013年6月の2回しか行っていません。
利益確定:配当金生活のポートフォリオの現金を除いた部分の時価が5%上昇した時に5%分だけ利益確定を行います。自分の性格上、ナンピンよりも利益確定の方が発生しやすくなっています。2009年以降、13回利益確定を行いました。

投資ルール・運用方針についてもっと詳しく知りたい方はこちら

2年3ヶ月ぶり、通算13回目の利益確定となりました

さて、昨日2017年5月9日に久しぶりにポートフォリオの利益確定の水準である+5%に達しました。そのため保有銘柄、時価にして約1,150万円分を幅広く売却し、ついでにポートフォリオの投資比率も株式:債券:リート=38:38:24、国内:海外=1:1に調整しています。

時価にして5%の上昇というと、上げ相場では頻繁に起こることのように思いますよね。実際、2014年には1年間に4回もの利益確定を行ったこともありました。特に2014年の後半は絶好調でして、10月・11月と2ヶ月連続で利益確定しているんですよね。

しかしながら、2015年2月の利益確定以降は私のポートフォリオは一進一退の値動きとなってしまいまして、2年3ヶ月の間利益確定を行うことが出来ませんでした。今回は、久しぶりの大型利益確定ということになりますね。この利益確定で、受取配当金と受取優待の額は減ってしまいますが、とりあえず利益確定できたという事実はうれしい事だと思うようにしたいと思います。

2017年5月9日に以下の16銘柄を売買しました

本日売却した国内株式(6銘柄)

[2702]日本マクドナルド:100株→0株
[3197]すかいらーく:500株(3名義)→300株(1名義)
[7751]キヤノン:400株→300株
[8179]ロイヤルHD:500株→0株
[8200]リンガーハット:300株→100株
[9201]日本航空:400株→300株

今回売却した銘柄のうち、国内株式については株主優待銘柄を中心に売却しました。そのうち、[9201]日本航空については業績がやや期待はずれだったことから持ち株数を絞ることにしたのですが、他の優待銘柄は株価の上昇により利回り面で美味しくなくなったので売却しているものです。

優待銘柄への投資は、伝統的な株価指標であるPERやPBRでは語れないものが多く、単純に利回り面で妙味がないからといって売ってしまって良いものか非常に迷う所です。ただ、我が家が4人家族になると、家族での外食は段々減ると考えておりまして、特に外食系の優待銘柄については基本的には株数を減らすする方向で考えています。

本日売却した海外株式(2銘柄)

[IXP]iシェアーズ グローバル電気通信 ETF:445口→307口
[JXI]iシェアーズ グローバル公益事業 ETF:902口→736口

本日売却した国内債券(1銘柄)

個人向け国債:3,850万円→3,700万円

本日売却した海外債券(2銘柄)

[1566]上場インデックスファンド新興国債券:30口→20口
[1677]上場インデックスファンド海外債券:50口→20口

本日売却した国内リート(3銘柄)

[3226]日本アコモデーションファンド投資法人:4口→3口
[8977]阪急リート投資法人:12口→11口
[8984]大和ハウスリート投資法人:8口→6口

本日売却した海外リート(2銘柄)

[IYR]米国不動産ETF:1,601口→1,500口
[IFGL]米国を除く世界の不動産ETF:2,136口→1,859口

本日購入した銘柄一覧(0銘柄)

今回は、ポートフォリオの利益確定が主目的なので購入した銘柄は1つもありません。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.