今回もたっちゃんの旅は伊丹空港からスタート。最初は定番の国内線ANAラウンジからです。(北海道新幹線グランクラス体験日記 その1) - 高配当株で配当金生活

今回もたっちゃんの旅は伊丹空港からスタート。最初は定番の国内線ANAラウンジからです。(北海道新幹線グランクラス体験日記 その1)

昨年2016年の3月26日に開業した北海道新幹線。この記事を執筆している2017年5月の段階では、その開業から1年ちょっとが過ぎたことになりますね。北海道新幹線というと、乗り入れ先の東北新幹線を通じて新函館北斗駅から東京駅までを結んでいる路線です。

首都圏や東北地方にお住まいの方なら利用するチャンスの多い路線だと思うのですが、私のように西日本に住んでいる人にはなかなか用事のない路線だと思うんですよね。ということで、今回は無理矢理東京に用事を作ったついでに、大阪から函館経由で行くことにし、北海道新幹線に一度のってみることにしました。


スポンサーリンク

ということで、今回も旅のスタートは大阪・伊丹空港からとなります

さて、当ブログ内の旅行日記では半分以上の確率で最初は大阪・伊丹空港からスタートしている気がするのですが、検索サイトなどを経由してこの旅行記だけをご覧になる方もいらっしゃると思いますので、今回も大阪・伊丹空港のANAラウンジから旅行日記をスタートさせることにしたいと思います。

伊丹空港ANAラウンジ 2017年4月の日本酒 さそりらいと本格麦焼酎

2017年4月の日本酒 さそりらいと本格麦焼酎

さて、伊丹空港のANAラウンジでは常に日本酒が1種類以上提供されています。今回は、2017年4月にANAラウンジを訪れましたが、今回提供されていた日本酒は『さそりらいと 本格麦焼酎』というものでした。伊丹空港なので関西エリアのお酒かな?と思いきや、作っている会社は さつま無双株式会社という会社でした。名前の通り鹿児島県の酒造メーカーのようですね。

伊丹空港ANAラウンジ 野菜ジュースとおかき

伊丹空港ANAラウンジ 野菜ジュースとおかき

私は残念ながらお酒を飲める体質ではありませんので、今回もいつもの通り『野菜ジュース』と『おかき』をいただくことにしたいと思います。

伊丹空港ANAラウンジ 珈琲

伊丹空港ANAラウンジ 珈琲

普段は、結構ギリギリにラウンジに到着し、野菜ジュースとおかきを食べたらスグに出発というパターンが多いのですが、今回は時間にゆとりがありましたので、珈琲も合わせていただいています。

伊丹空港ANAラウンジ 今回座ったエリアの椅子

伊丹空港ANAラウンジ 今回座ったエリアの椅子

伊丹空港のANAラウンジは超上級会員向けの『スイートラウンジ』と『通常のラウンジ』に分かれた時に、結果的に通常のラウンジの営業エリアが小さくなってしまいました。その分、通常のラウンジは椅子を昔より全体的に小さくして座席数を確保しているように感じます。ただ、奥の方は昔ながらの広々とした座席が設置されている場所もありますね。

伊丹空港ANAラウンジ 仕事をする方向けの机エリア

伊丹空港ANAラウンジ 仕事をする方向けの机エリア

さて、日々の仕事が忙しいという方の中には、ラウンジでもPCをしたいという方もいらっしゃると思います。そういう方は、こういう机付きのエリアでお仕事をするのが良さそうですね。こちらのエリアは残念ながら1人ずつ区切られた机ではありませんが、少し作業をするくらいならこれくらいの環境で十分でしょうか。

北海道新幹線グランクラス体験日記 前後の記事

■ 次の記事:ANA745便 伊丹空港→函館空港 プレミアムクラスの機内食

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.