前期37億の営業利益から今期は一気に20億の営業赤字へ超転落予定。さらに、減配もしてしまう優待銘柄の[7445]ライトオンから中間配当金です。 - 高配当株で配当金生活

前期37億の営業利益から今期は一気に20億の営業赤字へ超転落予定。さらに、減配もしてしまう優待銘柄の[7445]ライトオンから中間配当金です。

その業績が万年イマイチという印象のある[7445]ライトオン。全国津々浦々にジーンズを中心とするカジュアルファッションのお店を展開しているので、会社自体の知名度はまあまあ高いのではないかと思います。

さて『業績が万年イマイチ』というのであれば、スグにでも売ってしまった方がいいんじゃない?というツッコミがある方もいらっしゃると思います。ただ、私はそういうふうに感じる銘柄こそ愛着が湧いてしまうんですよね。経済的合理性を第一に考えるのであれば、やはりここは売ってしまうべきなのかもしれませんけどね。


スポンサーリンク

[7445]ライトオン 第38期中間報告書

ライトオン 第38期中間報告書

さて、今回はそんな[7445]ライトオンから第38期の中間報告書と中間配当金をいただいています。同社関係で良く取り上げられるネタとしては、上の中間報告書をよく見るとわかることなのですが、その決算期が月末〆ではないということなんですよね。3ヶ月後の8月には優待権利取りがあるのですが、決算が8月20日のため、権利付きの最終日は8月15日となっています。それについてはご注意いただければと思います。

[7445]ライトオン 今期は減配予定です

ライトオン 今期は減配予定です

2017年8月期は前期に比べて10円の減配が予想されている[7445]ライトオン。前期は1株あたり純利益が64円もあったのですが、今期は下記でご紹介するように赤字に転落する予想となっているので、減配は致し方ないことかもしれませんね。なお、上には『安定的な配当の継続を重視しつつ、業績に裏付けられた利益還元を』と書いてあります。これを読む限り、減配は日常的に行うものの無配転落はそうそうなさそうだと思われますよね。

[7445]ライトオン なんと営業赤字予想です

ライトオン なんと営業赤字予想です

元々、万年イマイチという印象のある[7445]ライトオンでしたが、それでも最近は業績がかなりマシになっており、前期2016年8月期の営業利益は37億円という最近にはない高水準でした。それが、今期2017年8月期の営業利益は20億円の赤字予想なんですよね。たった1年で、ここまで急激に業績が変わるものかと驚きが隠せません。ただ、同社はあくまで優待メインの銘柄ですので業績が悪いことと、多少の減配は過度には気にしないことにしたいと思います。

[7445]ライトオン 中間配当金

さて、今回は[7445]ライトオンから1株あたり10円の配当金をいただきました。保有株数は個人・法人あわせて3名義・300株でありまして、それぞれの源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った金額は2,441円ということになりました。

[7445]ライトオンの株主優待 (8月/年1回)

優待お買い物券
■ 100株〜:3,000円分
■ 500株〜:5,000円分
■ 1,000株〜:7,000円分

過去記事:[7445]ライトオン 2016年8月権利確定分の株主優待

[7445]ライトオンの株主優待・業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.