1株あたり純利益も配当も順調に伸びているのに株価はイマイチ!? 配当利回り4%も見える米国電力株[D]ドミニオン・リソーシズから配当金です。 - 高配当株で配当金生活

1株あたり純利益も配当も順調に伸びているのに株価はイマイチ!? 配当利回り4%も見える米国電力株[D]ドミニオン・リソーシズから配当金です。

今回は、米国電力株大手の一角であり、米国市場に上場している公共事業系の銘柄の中で売上高は10位前後なのに、時価総額は4位前後と非常に評価されている銘柄である[D]ドミニオン・リソーシズをご紹介することにしたいと思います。売上高に比べて時価総額の順位が高いという事は、つまりは収益性が高いので株価が評価されていると考えることが出来ますよね。その割には配当利回りも高めの銘柄なので、個人的にはお気に入りです。


スポンサーリンク

[D]ドミニオン・リソーシズ 簡単なご紹介

[D]ドミニオン・リソーシズは米国の公共系の企業によくあるタイプの『総合エネルギー企業』です。メインとなる事業は電力なので、当ブログでは電力株扱いしていますけれども、電力事業だけに偏っているということもなく、実際はそれ以外にもガス関係の事業も手広く手がけていますね。

なお、日本国内でもこれからは規制の緩和で電力+ガスという事業形態は当たり前となってくるかもしれません。今は国内では電力会社は電力、ガス会社はガスが中心ですが、同社のような総合エネルギー事業会社がいずれは誕生するかもしれませんね。

[D]ドミニオン・リソーシズ 過去5年間の株価推移


※ 上記の株価チャートはグーグルファイナンスより 2017年5月20日記録

基本的には株価も業績もまったりヨコヨコ〜微増くらいの推移が多い米国の電力株ですが、[D]ドミニオン・リソーシズは日本でいう営業利益ベースで見てみると、過去2年間で4割程度も伸びています。その間の1株あたり純利益も同じく5割程度の伸びとなっていますね。

それならば、株価の方も過去2年間で4〜5割ほど伸びたのか、というと株価の方は業績の伸びにきっちり連動はしていないというのが面白い所ですよね。配当の方は、前述のように毎年1桁台後半の率で伸びていますので、株価がヨコヨコであれば結果的に配当利回りは高まるということになります。同社のような業績が堅調な会社ならば、4%台であれば積極的に買って行きたいですね。

[D]ドミニオン・リソーシズから配当金です

D 配当金

さて、今回は[D]ドミニオン・リソーシズから1株あたり0.755$の配当金をいただきました。保有株数は71株でありまして、法人での源泉徴収税などを差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は40.89$ということになりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせしますと、実際に受け取った配当金の金額は4,588円ですね。

なお、この記事を執筆している2017年5月2日時点での[D]ドミニオン・リソーシズの配当利回りは約3.9%となっています。最近は毎年1桁台後半の増配を続けておりまして、今配当利回り4%で同社の株式を買ったとしても、10年経てば配当が2倍になっていたということもあり得なくはないんですよね。ということで、どこかのタイミングで同社の株式は買い増し予定です。実際に買い増しすれば、ブログ内でご紹介する予定となっています。

[D]ドミニオン・リソーシズ 銘柄紹介&各種指標など

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.