[9201]日本航空。2018年3月期は売上高は比較的堅調ながら、前期比大幅減益予想で配当も微減配。株価は大コケでたっちゃん涙目!? - 高配当株で配当金生活

[9201]日本航空。2018年3月期は売上高は比較的堅調ながら、前期比大幅減益予想で配当も微減配。株価は大コケでたっちゃん涙目!?

今回は、速報という訳ではないのですが、当ブログとしては比較的早いご紹介となる[9201]日本航空の決算に関するネタをご紹介することにしたいと思います。同社の決算の数字などについては、2017年4月28に発表されていましたね。日経新聞にはその翌日に大きな記事で掲載されていました。


スポンサーリンク

[9201]日本航空 決算発表を受けて株価は大コケです

さて、[9201]日本航空の決算発表があった翌営業日の2017年5月1日は同社の株価は前営業日比で-7.3%の大コケとなってしまいまして、この日の値下がり率ランキングの上位に入ってしまいました。私の[9201]日本航空の保有残高は日本株の保有銘柄の中で上位なので、これは痛かったですね。

[9201]日本航空 2017年3月期の決算の数字の一部

■ 売上高:ー3.6%
■ 営業利益:ー18.6%
■ 純利益:ー5.9%

この数字も確かにイマイチではあるのですが、特に純利益については元々経済系の季刊誌の予想に比べると幾分マシだったので、これだけで株価が7%も下げるほどではないのでは?と感じる方もいらっしゃると思います。しかしながら、実は下記の2018年3月期の予想の方がイマイチだったんですよね。

[9201]日本航空 2018年3月期の業績予想の数字の一部

■ 売上高:+3.9%
■ 営業利益:ー16.6%
■ 純利益:ー39.1%

あれ?営業利益が減るのはまだしも、純利益が減り過ぎじゃない?というツッコミもあろうかと思います。元々、破綻後のもろもろの影響で法人税の減免措置が受けられていた同社ですが、それの恩恵が少なくなるから?とお考えになる方もいらっしゃると思うのですが、確かにそれが純利益が減った理由の1つではあるのではないかと思います。

ただ、純利益が減った理由ではなく、株価が下がった理由として考えられるのは、元々2018年3月期の予想として挙げられていた業績よりもかなり悪かったから、というのが第一にあると思うんですよね。手持ちの経済系の季刊誌によると、2018年3月期の1株利益予想は423.8円でしたが、今回の会社予想では282.9円となっていました。これでは株価が下がるのもやむなしですよね。

ということで、今期大幅減益、さらに減配予想で株価は大きく下がってしまった[9201]日本航空ですが、実は今期から配当性向が25%→30%に引き上げられていますし、営業利益率はしっかり10%以上をキープしています。また、自分自身が航空ヲタクだということもあるので、いずれ来たると思われる超逆風の場面ではしっかり買い増しを行いたいと思っています。

[9201]日本航空の株主優待券(3月/9月 年2回)

株主割引券(普通運賃の50%割引)
■ 100株以上:1枚/年
■ 200株以上:2枚/年(1+1枚)
■ 300株以上:3枚/年(2+1枚)
■ 400株以上:4枚/年(2+2枚)
■ 500株以上:5枚/年(3+2枚)
■ 600株以上:6枚/年(3+3枚)
■ 700株以上:7枚/年(4+3枚)
■ 800株以上:8枚/年(4+4枚)
■ 900株以上:9枚/年(5+4枚)
■ 1000株以上:10枚/年(5+5枚) 以下省略
※ 3年以上継続して保有の場合、300株以上1,000株未満の株主には半年あたり1枚、1,000株以上10,000株未満の株主には半年あたり2枚、10,000株以上の株主には半年あたり3枚追加となります。

日本航空[9201]の主要指標(2017年5月2日現在)

■ PER:11.53倍(予想)
■ PBR:1.34倍(実績)
■ ROE:17.2%(実績)
■ 配当利回り:2.76%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:458.5→411.0→481.3→456.6→282.9(2017/03予想)
■ 直近5期の配当推移:80→104→120→94→90(2017/03予想)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.