国内株式のディフェンシブ王!? [9437]NTTドコモの決算は絶好調。2018年3月期は1.25倍に増配予定で配当利回り4%が見えて来ました。 - 高配当株で配当金生活

国内株式のディフェンシブ王!? [9437]NTTドコモの決算は絶好調。2018年3月期は1.25倍に増配予定で配当利回り4%が見えて来ました。

あの[9437]NTTドコモの配当利回りが5%以上あった時代があったというと、にわかには信じがたいという方もいらっしゃると思います。しかしながら、当ブログ初期の2012年頃はまだiPhoneの取扱い前でありまして、ライバルのソフトバンクやauにお客さんがある程度流れていたんですよね。

そういう状況であっても、[9437]NTTドコモの業績自体は決して悪くはなく、記事の本文で述べるように株主還元は強化の傾向にありましたが、株価の方はビックリするほどイマイチで配当利回りは5%台に突入、私は泣きながらナンピンし、今の株数にして1,800株まで保有株数が増える場面もありました。


スポンサーリンク

[9437]NTTドコモ 決算発表は絶好調でした

さて、そんな[9437]NTTドコモですが、先日2017年4月27日に2017年3月期の決算を発表しました。売上高は前年度比+1.3%とドコモらしいヨコヨコさでしたが、営業利益は+20.7%、純利益も+19.0%と絶好調の決算だったんですよね。最近は格安スマホなどのライバルも増えていますが、足元の業績は絶好調であると言えそうです。

[9437]NTTドコモ 2018年3月期は大幅増配です

NTTドコモ 2018年3月期は大幅増配です

上の決算発表会の資料を見ても分かるように、最近はほぼ連続増配が続いている[9437]NTTドコモ。終わったばかりの2017年3月期は前期比+10円の増配である80円の配当ということになりました。そして、このペースだと今期2018年3月期は90円配当なのかな?と思っていた方が多かったのではないかと思うのですが、その予想は良い意味で裏切られる形となりまして、実際は100円配当という予想が示されたんですよね。

今回の増配予想により、同社の2017年5月1日時点での配当利回りは3.7%台と久しぶりに4%近い水準となっています。今、[9437]NTTドコモの保有株数は200株まで減少しているのですが、ここまでの利回りであれば買い戻ししても良いのではないかと思ってしまいます。実際に買い戻しした場合は、ブログ内でご紹介する予定ですので、皆様の投資生活の参考にしていただければと思います。

[9437]NTTドコモ クレカの契約数が順調に伸びています

こちらも同じく決算発表会で使われた資料の1つです。こちらは、ドコモのクレジットカードであるdカードの話題ですね。当ブログでも何度かご紹介し、私も携帯料金を決済するために会費無料の一般カードを利用しています。私も使っているとはいえ、このカードの契約が1,767万もあるとは思いませんでしたね。年会費のかかるゴールド会員の契約が250万もあるというのも驚きです。

無料のカードの方であれば、ドコモユーザーの方であれば誰にでもお勧めでき、ゴールドカードの方は豪快にポイントバックされますので、毎月のスマホ費用が高いという方であればオススメできると思います。どちらのカードも、ローソンでの買い物時の割引がありますので、普段のコンビニがローソンだという方には特にオススメです。興味のある方は、それぞれの紹介ページのリンクを貼っておきますので、ご覧いただければと思います。

dカード:一般カード 公式ページ
dカード:GOLDカード 公式ページ

[9437]NTTドコモの銘柄紹介記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.