リートにしては珍しくこの半年で買い増しを行った銘柄です。[8957]東急リアル・エステート投資法人から分配金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

リートにしては珍しくこの半年で買い増しを行った銘柄です。[8957]東急リアル・エステート投資法人から分配金をいただきました。

首都圏エリアを代表する(と私自身が勝手に思っている?)鉄道会社である東急電鉄。西日本で言うと圧倒的なブランド力を誇る『阪急電車』に近いものだと思っているのですが、該当エリアにお住まいの方のイメージはいかがでしょうか?東急電鉄は『東の東急、西の阪急』だという評価もあるので、自分としては阪急電車と同様、贔屓にしてしまうんですよね。


スポンサーリンク

[8957]東急リアル・エステイト投資法人 第27期資産運用報告書

東急リアル・エステイト投資法人 第27期資産運用報告書

さて、リートの中では7番目に上場した老舗の銘柄である[8957]東急リアル・エステート投資法人。リートは半年で1期なので27期というと13年半が過ぎたことになりますね。まだ13年かと感じる方が多いと思うのですが、私は上場初期の頃から保有しているのでもう13年かという印象を受けてしまいます。

[8957]東急リアル・エステイト投資法人 分配金の推移

東急リアル・エステイト投資法人 分配金の推移

オフィス6割台、商業施設3割大の投資比率となっている[8957]東急リアル・エステート投資法人。このうち、オフィスは景気の変動の影響を受けやすいので、10年前の好景気から金融危機にかけて分配金が減少してしまったのは致し方ないことでしょうか。最低では4年前に2,229円まで分配が減少する場面があったのですが、直近は2,746円まで回復しました。23%の回復ですね。ただ、物件売却益を考慮しない中で過去最高の3,312円にはまだ及びませんね。

[8957]東急リアル・エステイト投資法人 含み損益

日頃から東急電鉄を使っている方にとっては東急といえば『渋谷』というイメージが強いのではないかと思います。実際、全物件の4割強を渋谷区に保有している[8957]東急リアル・エステイト投資法人ですが、最近は東京の有力エリアの地価は好調に推移していることから、含み益は順調に伸びていますね。ただ、含み益率で言うと前のミニバブルの水準である36.2%には届いていないようです。

[8957]東急リアル・エステート投資法人から分配金です

東急リアル・エステート投資法人から分配金です

さて、今回は[8957]東急リアル・エステート投資法人から1口あたり2,746円の分配金をいただきました。保有口数は8口でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は18,604円ということになりました。

なお、[8957]東急リアル・エステート投資法人の2017年4月25日時点の分配利回りは3.9%程度となっています。アベノミクス相場以降は、全体的にリートの保有口数は減少する一方だったのですが、PFのバランスも考えて最近はたまに買い増しを行っています。この銘柄は半年前と比べると保有口数が6→8に増加しましたね。

[8957]東急リアル・エステート投資法人の詳しい銘柄解説記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.