米国債券の利回り低下で魅力は低下も、円高で魅力が増すので難しい存在!? [VCIT]バンガード・米国中期社債ETFから分配金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

米国債券の利回り低下で魅力は低下も、円高で魅力が増すので難しい存在!? [VCIT]バンガード・米国中期社債ETFから分配金をいただきました。

1ヶ月ほど前までは、米国は順調に利上げを続け、長期金利は3%台へ!?なんてムードだったように思うのですが、ここ最近はそんなムードでは無くなって来ているように思えるのは私だけでしょうか。実際、米国の10年国債の利回りはこの記事を執筆している2017年4月13日現在では2.2%台まで下がって来ていますね。

さて、そんな感じで利回りが下がって来ると魅力も低下してしまう米国社債ですが、それでも円高になるのであれば円ベースで投資成績を気にする方にとっては良い商品であるとも言える[VCSH]バンガード・米国短期社債ETFと[VCIT]バンガード・米国中期社債ETFから分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

[VCSH]バンガード・米国短期社債ETF 5つのポイント(2017年4月現在)

ブルームバーグ・バークレイズ米国社債(1-5年)インデックスのパフォーマンスへの連動を目指します。(バンガードの公式ウェブサイトから引用)

・投資対象:米国の投資適格社債(1ー5年)
・保有銘柄数:約2,100
・信託報酬:0.07%
・ベータ値:0.04
・分配金利回り:約2.1%
※ ベータ値とは株価指数と該当商品の値動きの相関性をいいます。1より小さいほど株価指数との値動きの連動性が低く、私はこの数字が小さい銘柄に好んで投資する傾向にあります。

[VCIT]バンガード・米国中期社債ETF 5つのポイント(2017年4月現在)

ブルームバーグ・バークレイズ米国社債(5-10年)インデックスのパフォーマンスへの連動を目指します。(バンガードの公式ウェブサイトから引用)

・投資対象:米国の投資適格社債(5ー10年)
・保有銘柄数:約1,800
・信託報酬:0.07%
・ベータ値:0.03
・分配金利回り:約3.2%
※ ベータ値とは株価指数と該当商品の値動きの相関性をいいます。1より小さいほど株価指数との値動きの連動性が低く、私はこの数字が小さい銘柄に好んで投資する傾向にあります。

[VCSH]バンガード・米国短期社債ETF 過去5年間の値動き


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスから引用

[VCIT]バンガード・米国中期社債ETF 過去5年間の値動き


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスから引用

[VCSH]バンガード・米国短期社債ETFなどから分配金をいただきました。

VCIT分配金

VCSH分配金

さて、今回は[VCIT]バンガード・米国中期社債ETFから1口あたり0.234$分の分配金(218口保有)を、[VCSH]バンガード・米国短期社債ETFから1口あたり0.140$分の分配金(239口保有)をいただきました。2銘柄合わせて受け取った2銘柄分の分配金は税引後で64.49$となります。円建てでは7,029円ですね。

なお、[VCIT]バンガード・米国中期社債ETFの2017年4月13日現在の過去1年間の分配利回りは3.2%程度、[VCSH]バンガード・米国短期社債ETFの2017年4月13日現在の過去1年間の分配利回りは2.1%程度、このブログでは投資対象としていない[VCLT]バンガード・米国長期社債ETFの2017年4月13日現在の過去1年間の分配利回りは4.2%程度となっています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.