世界首位のおもちゃメーカーの称号は風前の灯火!? も、最近は絶不調で配当利回りはついに6%の世界へ。[MAT]マテルから四半期配当です。 - 高配当株で配当金生活

世界首位のおもちゃメーカーの称号は風前の灯火!? も、最近は絶不調で配当利回りはついに6%の世界へ。[MAT]マテルから四半期配当です。

今回は世界最大のおもちゃメーカーで6%台の超高配当株式でもある[MAT]マテルから四半期配当をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

なお、当ブログ内で長らく『世界最大のおもちゃメーカー』と紹介してきた[MAT]マテルですが、最近は世界2位のレゴグループの猛追を受けている一方で、[MAT]マテルは3年連続で減収とさえない業績推移である事から、世界1位の座を譲り渡す可能性が出て来ています。まあ、世界1位でも2位でもどちらも素晴らしいおもちゃメーカーである事には変わりはないと思いますけどね。


スポンサーリンク

[MAT]マテル 代表的なブランド

[MAT]マテル バービー人形

[MAT]マテル UNO

[MAT]マテル ホットウィール

[MAT]マテル 過去5年間の株価チャート


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスから引用

世界的なおもちゃメーカーではあるものの、最近は業績が減速傾向にあり、連続増配もストップしてしまった[MAT]マテル。現在が苦境であるということは抗いようのない事実でありまして、株価の方もこんな感じでかなりイマイチな推移となってしまっています。

2017年4月現在では配当利回りがついに6%に達してしまっておりまして、本当に『配当が維持されるの?』と心配になってしまうほどの水準となっています。確かに1株=1.52$の配当を続けているのに、1株あたり純利益が1$に満たないというのは心配でなりませんよね。

ということで、素直に数字だけを見てしまうとなかなか買えたものではない[MAT]マテルの株式ですが、同社のおもちゃブランドの底力を信じ、いずれ業績が回復すると見る人であれば、今のうちが買い時と言えるのかもしれませんね。

[MAT]マテルから配当金です

MAT マテル 配当金

さて、今回は[MAT]マテルから1株あたり0.38$の配当金をいただきました。保有株数は185株でありまして、法人での源泉徴収税などを差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は53.63$ということになりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせしますと、実際に受け取った配当金の金額は5,958円ですね。

[MAT]マテルの主要指標(2017年4月8日現在)

■ PER:25.2倍
■ PBR:3.8倍
■ ROE:13.1%
■ 配当利回り:5.74%
■ 直近5期のEPS推移:2.47→2.58→1.45→1.08→0.92(2016/12実績)
■ 直近5期の配当推移:1.24→1.44→1.52→1.52→1.52(2016/12実績)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.