iPhone5の登場で当面の材料は出尽くし!? ということで、株価絶好調の[9433]KDDIなど3銘柄を新規で空売りしました。 - 高配当株で配当金生活

iPhone5の登場で当面の材料は出尽くし!? ということで、株価絶好調の[9433]KDDIなど3銘柄を新規で空売りしました。

2012年9月25日は多くの銘柄の配当・優待取りの権利日だったので、9月26日は大きく株価が下がった銘柄が多かったですね。私が重点的に投資している高配当の株式は当然配当落ちも大きい訳でして、ポートフォリオのうち、個人のSBI証券で投資している分のマイナスが久しぶりにー1%を超えていました。

1%って意外に少ないのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんけれども、これは[1677]海外債券インデックスETFやリートがそれほど下がらないからですね。そう思うと、株式など一つのアセットクラスだけに投資するのではなく、色々な商品に分散して投資するという事は、日々の成績変動がまろやかになるために、心の気休めになるのかもしれませんね。

さて、今回新規で空売りした銘柄の一つが[9433]KDDIなのですが、このKDDIと言えばやはり最近のネタはiPhone5ですよね。個人的には、新しいOSはしばらく様子見というのが鉄則なので、今使っているiPhone4Sをしばらく使い続けることになるのかなと思います。個人的には、海外旅行が多いためSIMロックのかかっていない香港のiPhone5を買う予定です。どっちみち、また香港旅行には行くと思うので、在庫が落ち着いたら旅行のついでに買いに行くかもしれませんね。

ちなみに、日本では実質6万円くらい、香港でも現地通貨を日本円に換算すると同じくらいの値段で購入できるiPhone5なのですが、下の輸入サイトを見ると、あまりのボッタクリ価格に驚いてしまいました。こんなに高値でさばけるんだったら、香港旅行に行く度にiPhone5を仕入れてこようかと思うくらいです。気になる方は、下のページをご覧になってみてくださいね。

by カエレバ

2012年9月26日の新規空売り銘柄です。

豪州リート空売り

[1555]豪州AリートETF:1028-1029で500株 → 合計1,029.1で1,000株に

日本のリートの空売りで散々にやられてしまった私ですけれども、懲りずにリートを新規空売りする事にします。まずは、豪州のリートETFである1555ですね。本当はアメリカのリートの方を空売りしたい所なのですが、日本には適当な商品がありませんので、1555を売ることにします。豪ドルは今までの海外旅行の感覚だと、主要通貨では最も割高だと思っているので、その水準調整まで睨んだ売りとなります。

大和オフィスファンド空売り

[8976]大和証券オフィス投資法人:255,200で3株

先日、[8959]野村不動産オフィスファンドの空売りで散々な損切りをしたばかりなのに、また証券会社系のオフィス系リートの空売りとなります。

大和証券オフィス20120926

元々年初来高値近辺で推移していた[8976]大和証券オフィス投資法人なのですが、昨日の値動きを見ていると午後からが不穏に思えるほどの上げとなりました。直近の分配金推移が好調な事は重々理解はしているのですが、ちょっと上げ過ぎと見て、ここで新規空売りをして−5〜7%を狙いたいと思います。

KDDI空売り

[9433]KDDI:5,980で100株

そして、表題にも挙げました[9433]KDDIの空売りになります。配当金生活のポートフォリオの主要銘柄にKDDI系の[9436]沖縄セルラーを入れているほどなので、本当は買い持ちしても良いかと思う銘柄なのですが、直近の株価を見ると、昨日9月26日に年初来高値をつけるほどの好調ぶりです。冒頭のiPhone5効果もあると思うのですが、大きいネタは実現した時が当面の天井と見て、短期的な反落を狙いたいと思います。

2012年9月27日現在空売り中の銘柄です。

  • [1321]日経平均ETF:9,210で50株
  • [1555]豪州AリートETF:1,029.1で1000株
  • [7203]トヨタ自動車:3,270で200株
  • [8316]三井住友フィナンシャルグループ:2,550で200株
  • [8952]ジャパンリアルエステイト:765,000で1株
  • [8976]大和証券オフィス投資法人:255,200で3株
  • [9432]日本電信電話:3,725で100株
  • [9433]KDDI:5,980で100株

先日、Jリートを豪快に損切りしたので、リートの比率は一旦下がったのですが、豪州リートまで合わせると結局空売りポジションの半分くらいはリートとなっています。個別銘柄がトヨタ・三井住友・NTT・KDDIというチョイスなのですが、鉄鋼や海運・機械など下がりそうなセクターを入れていないのがちょっと勇気のない取引と言えるかもしれません。鉄鋼や海運・機械は下がる時も早いですが、当然上がる時も早いですからね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.