エバー航空、有名小籠包店の鼎泰豐と提携したビジネスクラスの中華料理の機内食。(たっちゃんの特典ビジネスクラスで行く台北の旅 その43) - 高配当株で配当金生活

エバー航空、有名小籠包店の鼎泰豐と提携したビジネスクラスの中華料理の機内食。(たっちゃんの特典ビジネスクラスで行く台北の旅 その43)

たっちゃんの特典ビジネスクラスで行く台北の旅43回目の記事で今回が最終回となります。前回の記事では、今回利用するエバー航空180便 桃園国際空港=関西国際空港の機内食以外のネタをご紹介しましたが、今回は飛行機旅行のメインであるとも言える『機内食ネタ』をご紹介することにしたいと思います。エバー航空の機内食は台湾の会社らしく、有名小籠包店のディンタイフォン(鼎泰豐)と提携しているんですよね。

先日、ディンタイフォン(鼎泰豐)の国内のお店でランチを食べた時の様子を旅行ブログの方で執筆していますので、興味のある方がいらっしゃいましたら、上記の記事の方も合わせてご覧いただければと思います。


スポンサーリンク

エバー航空180便 ビジネスクラス機内食 豪華なメニューです

さて、飛行機の旅ではお待ちかねの機内食の時間がやってきました。2人しかお客さんのいない今回の便ではありますが、きちんと機内食を選択する事は出来ます。和食も美味しそうかなとは思ったのですが、やはり台湾の航空会社なので、ディンタイフォン(鼎泰豐)と提携している機内食を食べない訳にはいきませんよね。なお、メニューもきちんと日本語ですので英語などが苦手という方も安心して注文できます。

エバー航空180便 ビジネスクラス機内食 蒸し鶏のスープ麺

ディンタイフォン(鼎泰豐)の機内食だから、当然ながらメインは小籠包だろうと思ったのですが、さすがに小籠包を機内食として提供するのは難しいのか、もしくは日によってメニューが変わるのかはわかりませんが、今回のメイン料理は蒸し鶏のスープ麺となっていました。これはこれで美味しい夕食だと思いますね。

エバー航空180便 ビジネスクラス機内食 揚げ茄子の蜂蜜和え

エバー航空180便 ビジネスクラス機内食 イカとインゲンのピリ辛ニンニク風味

エバー航空180便 ビジネスクラス機内食 食後のお茶

普段の機内食であれば、食後のデザートと一緒にいただくのはコーヒーというのが定番の私ですが、今回は中華料理らしいあんまんのデザートですので、やはりドリンクも中華風のものをと思いましてお茶を注文しました。台湾のお茶は本当に美味しいですよね。日本のお茶も素晴らしいですけどね。

エバー航空180便 ビジネスクラス機内食 あんまん

そして、今回の機内食はあんまんで〆ということになります。こちらは、点心らしいメニューではあると思いますね。全体的に量が少な目の機内食のように思えましたので、2回前の記事でご紹介したエバー航空のラウンジではもっとがっつり食べておいても良かったのかもしれません。次回以降利用することがあれば、覚えておきたいですね。

たっちゃんの特典ビジネスクラスで行く台北の旅 前後の記事

前の記事エバー航空180便 桃園国際空港=関西国際空港 2人しか乗客がいないビジネスクラスです。
最初に戻る今回の旅行は神戸空港からの出発です。まずは新交通ポートライナーで神戸空港へ。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.