[1677]上場インデックスファンド海外債券から分配金。最近はずっと3%程度の分配利回り、出来高が閑散な事は不満ですね。 - 高配当株で配当金生活

[1677]上場インデックスファンド海外債券から分配金。最近はずっと3%程度の分配利回り、出来高が閑散な事は不満ですね。

今回は、国内のETF大手の1社である日興アセットマネジメントが運用するETFシリーズで、海外先進国を中心とする国債に分散投資するものである[1677]上場インデックスファンド海外債券をご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

[1677]上場インデックスファンド海外債券 売買単位が下がってほしい商品!?

さて、[1677]上場インデックスファンド海外債券は、世界の国債に分散投資するという理念自体は悪くはないと思うのですが、なぜか売買単位が10口単位となっており、投資口価格が5万円程度であることから、長年売買単位が50万円程度から下がる事がない商品です。

債券に投資するにあたって、最低単位が50万円というのは正直な所高すぎると思います。これで反省したのか、後発の[1566]上場インデックスファンド新興国債券は1口単位となり、売買は比較的活発なんですよね。[1677]上場インデックスファンド海外債券も10分の1に下げてくれるだけで売買高は増えると思うんですけどね。と、ブログ初期の頃から書き続けているんですけどね。

[1677]上場インデックスファンド海外債券 過去5年間の投資口価格推移


※ 上記の投資口価格チャートはヤフーファイナンスから引用

債券投資というと、現地通貨ベースでは利回りの急変動がない限りは比較的手堅い投資であるといえると思うのですが、[1677]上場インデックスファンド海外債券の投資口価格は円建てで表示されるため、円の強弱の影響を受ける形でその投資口価格が意外にぶれやすいという特徴がありますね。

一般的に『今が円高だ』と思えば買い時、『今が円安だ』と思えば売り時となる訳ですけれども、そんな事がわかれば苦労はしませんよね。ということで、私のポートフォリオでは、下の記事でご紹介しているように『国内:海外=1:1』の比率を出来るだけ保つようににして、結果的に円安の時は円貨を買い、円高の時には外貨を買うように努めています。これがベストの方法という訳ではないと思うのですが、当面はこの方法を続けたいと思っています。

参考記事:配当金生活のポートフォリオの投資戦略

[1677]上場インデックスファンド海外債券から分配金です

1677 分配金

さて、今回は[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配から1口あたり137円の分配金をいただきました。今回の権利確定時の保有口数は70口でありまして、個人での源泉徴収税20.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は7,642円ということになりました。なお、2017年3月31日現在での実績分配利回りは3.0%程度となっています。

[1677]上場インデックスファンド海外債券 詳細な解説記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.