過去5年間の株価を見る限りは貴重な出遅れ兼世界的な約5%高配当株。英国医薬品株の[GSK]グラクソ・スミスクラインから配当金です。 - 高配当株で配当金生活

過去5年間の株価を見る限りは貴重な出遅れ兼世界的な約5%高配当株。英国医薬品株の[GSK]グラクソ・スミスクラインから配当金です。

今回は、配当金生活のポートフォリオ海外株式クラスの保有銘柄のうち、世界を代表する医薬品株の1つで、本社をイギリスにおく会社である[GSK]グラクソ・スミスクラインから配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。私のPFの中では貴重な医薬品株の1つですね。


スポンサーリンク

グラクソ・スミスクライン 日本でも購入出来る商品

さて、[GSK]グラクソ・スミスクラインのような世界の医薬品株というと、日本ではあまりなじみのない会社のように思えてしまう方もいらっしゃると思います。ただ、さすがに世界有数の企業だけあって、ちゃんと日本でも活動を行っているんですよね。日本語化されている商品は下記の例に限らず色々と販売されていますので、もしかすると皆さんが日頃お使いの商品の中にも同社のものがあるかもしれませんね。

コンタック・鼻炎スプレー

いびき防止 ブリーズライト

歯磨き粉 シュミテクト

グラクソ・スミスクライン 過去5年間の株価(米国市場)


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスから引用

さて、上記過去5年間の株価を見てみると、ここ5年間の株価推移はかなりイマイチであったことがわかると思います。最近は株高のおかげで『出遅れている有力株』が少なくなっている中ですので、ここは狙い目と言えるのかもしれませんね。ただ、同社のような医薬品株は単純に景気が良くなったからといって、業績が良くなるとは限らず、株価が上がるとも限らないという事には注意が必要ですね。

グラクソ・スミスクラインから配当金をいただきました

さて、今回は[GSK]グラクソ・スミスクラインから1株あたり0.46208$の配当金をいただきました。保有株数は205株でありまして、法人での源泉徴収税を差し引きしますと実際に受け取った配当金の金額は79.31$でありました。この記事を書いている段階の為替レートで換算すると9,041円を受け取った事になります。

なお、[GSK]グラクソ・スミスクラインは本来はイギリスの会社なのですが、ADRという制度を使って米国市場に上場しているものを購入しています。現在の日本国内ではイギリス株を直接買う手段は、一般的に利用できるサービスでは見当たりませんので、この制度を使って米国市場を通じて購入するしかないんですよね。

また、この制度を利用してイギリス株を購入した時は米国籍の株式とちがって外国での源泉徴収税(配当の10%)が取られないという利点があります。つまり、国内株式に投資した時と同じく所得税15.315%+住民税しか引かれないということなんですよね。確定申告で外国所得税を取り戻すのが面倒だという方にはうれしい制度なのではないかと思います。

[GSK]グラクソ・スミスクラインの主要指標(2017年3月5日現在)

■ PER:17.6倍
■ PBR:74.6倍
■ ROE:29.2%
■ 配当利回り:4.82%

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.