配当金生活のポートフォリオ内で一番含み益率の高い銘柄。高配当かは微妙なラインですが、システム開発系の[3817]SRAHDから四半期報告書。 - 高配当株で配当金生活

配当金生活のポートフォリオ内で一番含み益率の高い銘柄。高配当かは微妙なラインですが、システム開発系の[3817]SRAHDから四半期報告書。

今回は、配当金生活のポートフォリオ国内株式クラス(高配当目当て)の保有銘柄のうち[3817]SRAHDから、同社の第3四半期の株主通信をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

[3817]SRAHD 国内株式全銘柄の中で最優秀の銘柄です

SRAHD 国内株式全銘柄の中で最優秀の銘柄です

さて、画像処理の関係で文字が少し小さくなってしまっていて恐縮なのですが、実は[3817]SRAHDは2017年3月現在で、私の配当金生活のポートフォリオの中で最も成績の良い銘柄となっています。

元々、配当利回り4%台で購入して、2%台で売るのを定番戦略としている私は、同社のように株価が4倍になる前に大抵は利益確定ポイントに到達してしまうのですが、[3817]SRAHDの場合は連続増配を伴いつつの株価上昇だったので、ここまで全株を利益確定せず株式をキープできました。とはいえ、保有株数は以前の800株から200株まで減ってはいるんですけどね。

[3817]SRAHD 第3四半期報告書をいただきました

SRAHD 第3四半期報告書をいただきました

[3817]SRAHDは小型のシステム系の銘柄でありまして、確か投資を始めた時はまだ時価総額2桁億円の会社だったと思います。そういう会社ではあるのですが、以前からマメに報告書を送ってくれる傾向にありまして、第1四半期・第3四半期については、こんな形でハガキの形式で簡単な事業報告と社長のコメントを送って来てくれるんですよね。経費は多少もったいないですが、良心的なIR対応ではないかと思いますね。

[3817]SRAHD 最近の業績の傾向

さて、ここ数年の[3817]SRAHDは、業績自体は決して派手ではないものの着実に伸びているという印象ですね。2017年3月期の計画と、5年前の数字を比べると売上高は20%程度の増加、経常利益は54%程度の増加、配当水準は2.125倍となっています。この数字の伸びで株価が4倍程度になっているというのは、以前よりも成長への期待が高まっているということなんでしょうね。いずれ、利益確定はすると思いますが、連続増配が続いている間は200株をキープしたいと思っています。

[3817]SRAHD 過去10年間の株価チャート


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスから引用

[3817]SRAHDの株主優待・業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.