個人向け国債3月のキャッシュバックキャンペーンは大手証券会社で横並びとならず。大和証券では最大0.4%のキャッシュバックを行っていますね。 - 高配当株で配当金生活

個人向け国債3月のキャッシュバックキャンペーンは大手証券会社で横並びとならず。大和証券では最大0.4%のキャッシュバックを行っていますね。

今回は、地味な商品ではあるものの記事にした時のPV数は意外に多い人気の商品である個人向け国債の話題についてご紹介することにしたいと思います。個人向け国債といえば、長らく続いて来た最大0.5%のキャッシュバックキャンペーンがおなじみだったのですが、最大手の野村證券などでは先月の2月をもって0.5%のキャッシュバックキャンペーンが終了となってしまいましたね。


スポンサーリンク

過去記事:個人向け国債キャンペーンが風前の灯火!?

さて、過去の記事でもご紹介していたのですが、個人向け国債キャンペーンの改悪は昨年末の時点から既に予想された事でした。というのも、元々この個人向け国債キャンペーンの原資となっていた個人向け国債販売手数料が減額される事が昨年の12月に発表されていたためなんですよね。0.5%のキャッシュバックというのは、この手数料をまるまるキャッシュバックしていた訳なので、減額されるのであればキャンペーンも改悪というのは宿命だったのです。

野村證券 2月のキャンペーンに駆け込み推奨!?

さて、Twitterでは先行してご紹介していたのですが、個人向け国債キャンペーン改悪寸前の2月27日に野村證券からDMが届いていました。2月27日にDMが届いたのであれば、28日に個人向け国債を買うと野村證券に連絡をすれば駆け込みで間に合う訳ですので、このDMについては野村證券の良心と言えるのかもしれませんね。

今月は大手証券会社で横並びではないようですね

野村證券 2017年3月の個人向け国債キャンペーン


※ 上記の画像は野村證券のウェブサイトから引用

大和証券 2017年3月の個人向け国債キャンペーン


※ 上記の画像は野村證券のウェブサイトから引用

さて、今は個人向け国債キャンペーンの変動期であるためか、今まで大手証券会社でほぼ一律だったキャンペーンのキャッシュバックが多少揺れています。上の野村證券と大和証券の個人向け国債キャンペーンの内容を良く見て比べてみるとそれがわかるのではないかと思います。

大和証券の方は、最大で0.4%のキャッシュバックとなっており、一見良いように思えるのですが、一方で5年固定金利タイプについては野村證券よりもキャッシュバックの率が悪くなっています。きちんとキャンペーンの内容を見比べた上で、購入する証券会社を選びたいですね。

個人向け国債 今更聞けない初心者向けの解説ページはこちら

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.