5〜6年前は配当利回り5%以上当たり前だった米国大手タバコ株[MO]アルトリアグループ。最近は株価大躍進で高配当と呼べるかどうかの危機が到来中です。 - 高配当株で配当金生活

5〜6年前は配当利回り5%以上当たり前だった米国大手タバコ株[MO]アルトリアグループ。最近は株価大躍進で高配当と呼べるかどうかの危機が到来中です。

今回は、配当金生活のポートフォリオ海外株式クラスの保有銘柄のうち、米国たばこ業界No.1の銘柄である[MO]アルトリアグループをご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

[MO]アルトリアグループ 過去5年間の株価推移


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスから引用

米国No.1のたばこ株で『フィリップ・モリス』などの有名なブランドを多数かかえる事で知られている[MO]アルトリアグループ。5〜6年ほど前は健康志向の高まりもあってなのか、政策的な都合もあってなのかはわかりませんが、たばこ株はリーマンショック後の立ち直り相場の中で相対的に出遅れているセクターであったように思います。

配当金初期の頃(2010年頃)を振り返ってみると、当時の[MO]アルトリアグループは、今よりも配当水準が3分の2程度だったにも関わらず、配当利回りが5%台以上というのが当たり前の状況でしたからね。その後、2014年からは株価は大躍進となりまして『どこがディフェンシブ株やねん』とツッコミしたくなるほどの株価大躍進となっています。

最近は、電子タバコの世界において[MO]アルトリアグループと[PM]フィリップ・モリス系のアイコスがブレイクしているということで、この事が日米たばこ株の明暗がわかれている原因となっているという記事もありましたね。下記の記事でご紹介した[2914]日本たばこ産業は暗、この記事でご紹介している米国系の2社は明の方という事になりますね。

過去記事:明暗わかれる日米たばこ株

[MO]アルトリアグループから配当金をいただきました

アルトリア・グループ 配当金

さて、今回は[MO]アルトリアグループから1株あたり0.61$の配当金をいただきました。保有口数は142株でありまして、法人での源泉徴収税を差し引きした後の米ドル建てでの手取りは66.13$でした。日本円換算すると7,413円を受け取った事になります。なお、[MO]アルトリアグループの2017年3月24日現在の配当利回りは3.3%程度となっています。

[MO]アルトリアグループ 業績・過去の配当利回りなどのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.