たっちゃんのひふみ投信 運用成績(積立開始52ヶ月目)。テレビ東京のカンブリア宮殿で取り上げられた効果!? ついに含み益率が50%を突破です。 - 高配当株で配当金生活

たっちゃんのひふみ投信 運用成績(積立開始52ヶ月目)。テレビ東京のカンブリア宮殿で取り上げられた効果!? ついに含み益率が50%を突破です。

今回は、当ブログで毎月1万円ずつ積立を行っている投資信託の1つであるひふみ投信という商品をご紹介することにしたいと思います。この投資信託は基本的には国内株式、特に小型の成長株を好んで投資を行う傾向にあるようです。それならジャスダック平均に連動する商品でも良いんじゃない?と思ったのですが、意外にもジャスダック平均に連動するETFは存在しないのですね。

なお、この記事を公開してからすぐに、ツイッターの方で読者の方から、ガイアの夜明けじゃないですよ、カンブリア宮殿ですよ!とツッコミをいただきました。どちらもタイプは似ている番組なので、すっかり勘違いしておりました。大変申し訳ありませんでした。なお、この記事内では修正を行えないツイート引用部分以外は修正しています。


スポンサーリンク

ひふみ投信 カンブリア宮殿で取り上げられました

さて、今回の記事でご紹介するひふみ投信は、テレビ東京系列の人気経済番組であるカンブリア宮殿の2月16日放送分で取り上げられていたようです。

普段であれば、私のブログのひふみ投信関係の記事にはちょろちょろとしかアクセスがないのに、テレビ放送後の数日は一気にアクセスがあったようなので、何事かと思って上記のツイートに至ったんですよね。その番組をきっかけに投資自体やひふみ投信に興味を持ってくださる一般の方が増えれば幸いですね。

月々1万円からの資産形成ひふみ投信 3つのポイント

ポイント1:対TOPIXの成績

ひふみ投信は、決してTOPIXをベンチマークとしている訳ではないそうですが、投資成績の参考指標の1つとしてTOPIXとの比較が挙げられています。一般的なアクティブ系の投資信託では、色々と頑張った結果指標にすら勝てない、という事は恒例行事だとは思うのですが、ひふみ投信は驚くべき事に単年ベースでTOPIXにかなり勝ち越しているんですよね。

ポイント2:7年5ヶ月積立投資の成果は?

なお、ひふみ投信の運用初期の2008年11月から、2016年3月までコツコツ89ヶ月投資を続けた場合の成績は上記のグラフのようになるようです。この期間、月1万円を投資すれば89万円の元本なのですが、なんとビックリな事に89ヶ月経過後の評価額は2.2倍の195万円になってしまうんですよね。

リーマンショック後の低迷期が長かったという理由もあると思うのですが、同じくリーマンショック後の低迷期である2009年4月から配当金生活をはじめている私の資産が+60%台である事を思うとひふみ投信には大敗していることになりますね。同じ2億円を投資するのであれば、最初にがつんと2億円分ひふみ投信を買っていれば4.4億円になっていたんですね。

ポイント3:徐々に下がる信託報酬

また、ひふみ投信の面白い取り組みだと思うのが、上記の徐々に下がる信託報酬です。5年・10年以上継続して投資信託を保有すると、その保有期間に応じて最大で0.4%まで信託報酬が還元される仕組みになっているんですよね。過去の成績の事を思うと1%強の信託報酬も決して割高ではないのですが、0.4%還元後の0.6584%の信託報酬であれば、アクティブ投信にしてはさらに良心的であると感じます。

たっちゃんのひふみ投信 運用成績(積立開始52ヶ月目)

積立金額:520,000円(1月比:+10,000円)
評価金額:783,836円(1月比:+52,895円)
評価損益:+50.7%(参考:12月は43.3%)

当ブログで定期的に積み立てを行っている投資信託

■ セゾン投信セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
■ ひふみ投信月々1万円からの資産形成ひふみ投信
両投信ともに、2012年11月から月額1万円の積立を開始しています。両ファンドの運用状況につきましては、定期的にこのブログ内でご報告していきたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.