国内高配当銘柄人気ランキングトップ5(2017年2月)今年の業績はイマイチ見込みながらも意地の増配で魅力増。[2914]日本たばこ産業が2位にランクイン。 - 高配当株で配当金生活

国内高配当銘柄人気ランキングトップ5(2017年2月)今年の業績はイマイチ見込みながらも意地の増配で魅力増。[2914]日本たばこ産業が2位にランクイン。

今回の記事では2017年の2月に高配当株で配当金生活のブログ内で注目を集めた国内の高配当株式関連の記事の銘柄別トップ5をご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

参考:前回2017年1月 国内高配当銘柄人気ランキングトップ5

1位:[9505]北陸電力(配当利回り3.14%)
2位:[6178]日本郵政(配当利回り3.39%)
3位:[7751]キヤノン(配当利回り4.55%)
4位:[6257]藤商事(配当利回り4.99%)
5位:[8132]シナネンHD(配当利回り3.26%)
※ 上記の予想配当利回りは2017年2月19日現在のものです。

当ブログの国内外高配当銘柄人気ランキングトップ5について

「高配当株式」の定義というと、正確な定義は定められていないためその判断が難しい所ですよね。実は、このブログをスタートさせた時は株価が低迷していて高配当株式がゴロゴロ市場に眠っていたために、配当利回り4%以上を「高配当株式の定義」としていたんですけれども、当面の間はこのランキングでご紹介するのは来期配当利回り3%以上見込みの銘柄ということにさせていただきます。

なお、今回のランキングは2017年1月19日〜2017年2月18日までのアクセス数を元に判断しています。

国内高配当銘柄人気ランキングトップ5(2017年2月)

第5位:[8316]三井住友FG(配当利回り3.31%)

夏には配当利回り5%台の低迷株価で推移するも、最近はすっかり復活しています。高配当メガバンク[8316]三井住友FGから中間配当金です。

第4位:[4327]日本エス・エイチ・エル(配当利回り3.54%)

地味な増益幅ですが連続増益・連続増配記録更新中の人事系小型高配当銘柄。[4327]日本エス・エイチ・エルから期末の配当金をいただきました。

第3位:[7751]キヤノン(配当利回り4.55%)

超メジャー銘柄では最強クラスの配当利回り。配当利回り5%台の[7751]キヤノンから中間報告書と中間配当金です。

第2位:[2914]日本たばこ産業(配当利回り3.72%)

電子タバコ分野で明暗分かれる日米たばこ株。[2914]日本たばこ産業は残念ながら『暗』の方ですが、それでも意地の増配でついに配当利回り4%の世界へ!?

第1位:[8411]みずほFG(配当利回り3.58%)

株価の回復で昨年夏のように5%利回りではなくなりましたが、なお高配当水準です。[8411]みずほフィナンシャルグループから中間配当金です。

ということで、今月当ブログ内で一番多くの方にご覧いただいた高配当銘柄は[8411]みずほFGでした。当ブログ初期の頃から当コーナーの常連の銘柄ではありますけれども、1位に返り咲いたのは久しぶりになりますね。なお、先月の1位だった[9505]北陸電力は減配が影響してか、未だ利回り3%台ではあるものの、2月に入ってアクセスが急減してしまい一気にランク外へと消えていきました。

今月の個人的な注目は、業績はややイマイチながらも今年も意地の増配予定で配当利回り4%が見えて来ている[2914]日本たばこ産業です。同社は、景気の動きと業績の動きが連動しにくい銘柄だと思っていますので、今のように景気連動株が絶好調な時にこそ買い増ししたいですね。

2017年2月 国内高配当銘柄人気ランキングトップ5 まとめ

1位:[8411]みずほFG(配当利回り3.58%)
2位:[2914]日本たばこ産業(配当利回り3.72%)
3位:[7751]キヤノン(配当利回り4.55%)
4位:[4327]日本エス・エイチ・エル(配当利回り3.54%)
5位:[8316]三井住友FG(配当利回り3.31%)
※ 上記の予想配当利回りは2017年2月19日現在のものです。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.