消費税法実力テスト第2回。5人に1人が満点の易しめテスト、自分も頑張って100点満点です。(たっちゃんの税理士試験受験生活 消費税法編その4) - 高配当株で配当金生活

消費税法実力テスト第2回。5人に1人が満点の易しめテスト、自分も頑張って100点満点です。(たっちゃんの税理士試験受験生活 消費税法編その4)

今回は、配当金生活のたっちゃんの税理士試験受験生活 消費税法の第4回目の記事となります。5科目の科目合格制度(現在2科目合格中)である税理士試験の最終合格に向けて、税理士試験の2科目(所得税法・消費税法)を[4319]資格の学校TAC税理士講座で勉強中の私。今回の記事では、そのうち消費税法の学習状況についてご報告することにしたいと思います。

私の学習している[4319]資格の学校TAC税理士講座の『消費税法速習コース』は全部で40回の講座となっています。現在は、基礎期のインプット授業が中心となりまして、講義については現在14回目/40講義まで消化している所です。


スポンサーリンク

[4319]資格の学校TAC税理士講座 実力テストは月2の力試しです

さて、今回は[4319]資格の学校TAC税理士講座の消費税法講座、第2回実力テストを受験しましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

再受験者向けの『上級コース』を除くと、基本的には月に1回のペースで実力テストが行われる事の多い[4319]資格の学校TAC税理士講座。しかし、私の受講している『消費税法 速習コース』については、本来であれば9月から週1で受講すべき授業を1月から週2で追っかける形式となっているため、月に2回のペースで実力テストがやってきます。忙しいですよね。

[4319]資格の学校TAC税理士講座 消費税法の第2回実力テスト

ということで、こちらが今回受験した[4319]資格の学校TAC税理士講座の消費税法講座の第2回実力テストです。税理士試験の本番では2時間の問題となっており、法律などに沿って文章で解答する理論問題が60分程度、税額をもとめる計算問題が60分程度という時間配分となっているのですが、今回の第2回実力テストはまだ受験勉強の序盤戦ということもあってか、合計で55分の問題となっています。

さて、今回の理論問題は事前に覚えるべきページが指定され、そのページを丸まる1ページ分記述するというものでした。税理士受験生なら1ページくらいはあっさり覚えて当然という感じなのですが、それでも消費税法の条文はなぜか覚えにくくこれが本当に日本語なのだろうかと思えるほどでして、かなり苦戦してしまいました。一方、税額を求める計算問題の方はかなり簡単な問題だったと思います。

[4319]資格の学校TAC税理士講座 消費税法の第2回実力テスト 結果

さて、今回の[4319]資格の学校TAC税理士講座の消費税法講座の第2回実力テストの結果です。第1回の実力テストは理論問題の凡ミスで満点を逃してしまいましたが、今回は懸念事項の理論を何とか満点で切り抜ける事ができまして、消費税法講座で初の100点満点ということになりました。

ただ、上の成績表を見てみると今回のテストで満点を取っている人はまだ20%程度、つまりは5人に1人が満点の試験でありまして、さらに平均点も90点とビックリするくらい高い試験となっています。[4319]資格の学校TAC税理士講座の受験生は真面目な人が多いので、平均点も高くなるのかなとは思うのですが、それでもそれらの生徒と合格を争う訳なので自分自身もまだ頑張って勉強する必要がありますね。

配当金生活のたっちゃんの税理士試験受験生活 第2部 消費税法編 前後の記事

前の記事消費税法実力テスト第1回。99点という自分的には好成績なのに順位は上位4分の1に入れませんでした。
次の記事:現在執筆中です

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.