地元の阪急電車&阪神電車を応援します。株主優待目当てで[9042]阪急阪神HDと[8242]H2Oリテイリングを購入し、他合計6銘柄を売買しました。 - 高配当株で配当金生活

地元の阪急電車&阪神電車を応援します。株主優待目当てで[9042]阪急阪神HDと[8242]H2Oリテイリングを購入し、他合計6銘柄を売買しました。

子供の頃は[9042]阪急阪神HDの阪急電車沿線で生まれ育ち、一時期は神戸市の郊外エリアに住んでいたものの、株主優待券を使えるお店が少なかったという理由から、また阪神間の住宅街エリアに戻って来た私たっちゃん。現在は、[9042]阪急阪神HDの阪神電車の沿線に住んでいます。なお、今や阪急電車と阪神電車は[9042]阪急阪神HDとして1つの会社となってしまっていますよね。20年前なら信じられなかった事です。

さて、投資を行うに当たっては基本的には私情を入れずに数字だけを見ていく方が好成績が出るような気もするのですが、とはいえ、地元密着の銘柄をきちんと応援していきたいというのも心情であります。特に[9042]阪急阪神HDについては、株価が下がればいつかは買おうと思っていたのですが、なかなか下がる気配もありませんので、ここで思い切ってPFに組み入れる事にしました。今日は、ついでに合計6銘柄を売買しています。


スポンサーリンク

たっちゃんの配当金生活のポートフォリオ 投資ルール

ポートフォリオの基本保有比率(2017年2月現在)

株式:38%
債券:38%
リート:24%
※ 国内資産と海外資産は基本的に1:1の保有比率を目指しています

参考:たっちゃん投資法 ブログに登場する用語の説明

リバランス:『株式:債券:リート=38:38:24』から絶対値で1%ズレた時に元のバランスに戻すように売買を行います。今回の記事のように特定の銘柄を買い増し・売却する場合は、1%ズレていなくてもその度にリバランスを行っています。
ナンピン:配当金生活のポートフォリオの現金を除いた部分の時価が10%下落した時に5%分だけナンピンを行います。こちらは、滅多に発生しない事象でありまして、2009年以降、ナンピンは東日本大震災の時と2013年6月の2回しか行っていません。
利益確定:配当金生活のポートフォリオの現金を除いた部分の時価が5%上昇した時に5%分だけ利益確定を行います。自分の性格上、ナンピンよりも利益確定の方が発生しやすくなっています。2009年以降、過去12回利益確定を行いました。

2017年2月20日に以下の6銘柄を売買しました

本日購入した銘柄一覧(4銘柄)

[9042]阪急阪神ホールディングス:新規銘柄 100株購入
地元応援銘柄1。一応は株主優待銘柄ですが、配当面での魅力はありません。地元の阪急電車&阪神電車はを応援したい気持ちはありますので、今後株価が下がれば最大で500株くらいまでであれば、買い増しを行いたいと思っています。
[8242]H2Oリテイリング:新規銘柄 100株購入
地元応援銘柄2。阪急百貨店・阪神百貨店などを経営。傘下のスーパーマーケットと百貨店で利用できる割引券をゲットできる株主優待銘柄です。ただ、割引券と自社以外のクレジットカードの併用が出来ないのは難ですね。
[8905]イオンモール:100株→200株(2名義)に買い増し
3,000円分のイオンギフトカードがゲットできる株主優待の権利確定直前(2月23日)。ここで購入すると一旦大損してしまうような気もするのですが、敢えて買い増ししてみました。
[2675]ダイナック:200株(2名義)→300株(3名義)に買い増し
天下のサントリー系の外食チェーン。優待利回りの面からはあまり美味しい銘柄とは言えないのですが、我が家ではその優待の需要が高い事から、ここで追加購入する事にしました。

本日売却した銘柄一覧(2銘柄)

[9437]沖縄セルラー電話:200株(2名義)→100株へ
足元の業績は堅調で、かつ10年以上の連続増配銘柄ではあるのですが、業績の伸びの割には株価の伸びの方が著しく、配当利回りが2%台に突入してしまっているので、ここで一部利益確定です。
[1677]上場インデックス先進国債券:70口→60口へ
国内上場の海外債券ETFの代表的銘柄。ここで売る理由は取り立ててないのですが、ポートフォリオのバランスを整えるために保有口数を少し減らしました。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.