最近は意外に投資口価格の動きが堅調も、未だ分配利回りは6%前後をキープ中です。[1566]上場インデックスファンド新興国債券から分配金。 - 高配当株で配当金生活

最近は意外に投資口価格の動きが堅調も、未だ分配利回りは6%前後をキープ中です。[1566]上場インデックスファンド新興国債券から分配金。

今回は、配当金生活のポートフォリオ海外債券クラスの保有銘柄のうち、国内市場で購入する事のできるETFの1つで、新興国債券に投資するタイプのものである[1566]上場インデックスファンド新興国債券から分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

[1566]上場インデックス新興国債券 3つのポイント(2017年2月現在)

円換算したブルームバーグ・バークレイズ自国通貨建て新興市場国債・10%国キャップ・インデックスの変動率に一致させることをめざす上場投資信託(ETF)です。(日興アセットマネジメントの公式ウェブサイトから引用)

・投資対象:新興国の国債
・信託報酬:0.486%
・分配金利回り:約5.9%

その見た目の分配利回りが高い事から、当ブログでは人気の高い傾向にある[1566]上場インデックスファンド新興国債券。最近は先進国の国債の利回りは米国・オセアニア系を除くと魅力に欠ける国ばかりになってしまっているように思いますが、新興国の債券であればまだ6%程度の分配利回りが期待できますね。ただ、新興国の為替相場は先進国よりは揺れ動きやすい傾向にあるという点では注意が必要でしょうか。

[1566]上場インデックス新興国債券 過去5年間の投資口価格推移

1566 投資口価格チャート
※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスから引用

さて、2012年から2013年春頃にかけては謎の大躍進となった[1566]上場インデックス新興国債券ですが、その後は逆に大コケとなってしまいまして、特に2015年夏頃から2016年春頃にかけては債券なのに2割程度も下落してしまいました。最近は踏みとどまっているので、ここから反攻となるのか、もしくは米債利回りの魅力が高まる事で、米債に資金が流れさらなる下落となってしまうかは神のみぞ知る事ですね。

過去の参考記事:[1362]iシェアーズ新興国債券ETF

[1566]上場インデックス新興国債券から分配金です

さて、今回は[1566]上場インデックスファンド新興国債券から1口あたり515円の分配金をいただきました。保有口数は21口(前回の記事でご紹介した時から3口のプラス)でして、個人での源泉徴収税20.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は税引前で10,815円、税引後では8,618円でした。なお、2017年2月19日現在の[1566]上場インデックスファンド新興国債券の予想分配利回りは5.9%前後となっています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.