米国リート&不動産市場に国内市場で気軽に投資できる貴重なETF。[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFから分配金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

米国リート&不動産市場に国内市場で気軽に投資できる貴重なETF。[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFから分配金をいただきました。

今回は、配当金生活のポートフォリオ海外リートクラスの保有銘柄のうち、米国リートに投資をする商品であるものの、上場している市場は東証であるETFの[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFから分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

[1590]iシェアーズ米国不動産株ETF 過去2年間の値動き


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスから引用

基本的には米国市場に上場している[IYR]iシェアーズ米国不動産株ETFと同一の商品であると言える[1590]iシェアーズ米国不動産株ETF。記事の最後でご紹介するように、国内株式と同じ税率で税金が徴収されるように制度が調整されていますし、また当然ながら投資口価格の値動きも基本的には本家[IYR]iシェアーズ米国不動産株ETFの円建て価格に連動するようになっています。

本家の[IYR]iシェアーズ米国不動産株ETFに比べると取引株数が圧倒的に小さいので、変に成り行きで大量に買おうとすると超割高になってしまうかもしれないという欠点はありますけれども、買い方にさえ注意すれば悪い商品ではないように思いますね。個人的には、リート(不動産投資信託)については、今後の人口動態の関係で日本のものよりも、アメリカのものに期待していますので、適宜買い増しを行っていきたいと思っています。

[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFから分配金をいただきました

1590 分配金

さて、今回は[1590]iシェアーズ米国不動産株ETF(ダウ米不動産)から1口あたり110円(外国源泉税額控除後)の分配金をいただきました。保有口数は290口でありまして、法人での外国源泉税額控除前の課税標準額に対する源泉徴収税15.315%(外国所得税額を合わせた率)を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は29.962円ということになりました。なお、2017年1月31日現在の過去1年間の実績分配利回りは4.4%程度となっています。

[1590]iシェアーズ米国不動産株ETF 課税関係がややこしいようでシンプル?

なお、上の[1590]iシェアーズ米国不動産株ETFの課税関係の数字を見ると、計算がめちゃくちゃややこしいように見えますよね。数字がたくさん羅列されているので、真面目に読みとこうとすると訳がわからなくなってしまいそうです。

実際の所は、意外にシンプルなものでありまして、まずは税引前の分配額の概ね10%が外国所得税として徴収されており、さらに国内で所得税が外国所得税+国内の所得税の合計で15.315%になるようにキレイに調整されて徴収されている訳なのです。以前はあまり気にしなかった事なのですが、[4319]TACの税理士講座で所得税法の勉強をしているので、こういう事も理解できるようになりました。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.