米国公共株売上高10位前後なのに、時価総額は4位という高評価銘柄。配当利回り4%台の[D]ドミニオン・リソーシズから配当金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

米国公共株売上高10位前後なのに、時価総額は4位という高評価銘柄。配当利回り4%台の[D]ドミニオン・リソーシズから配当金をいただきました。

今回は、配当金生活のポートフォリオ海外株式クラスの保有銘柄のうち、米国大手電力株で高配当株でもある[D]ドミニオン・リソーシズから四半期配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

[D]ドミニオン・リソーシズ 過去5年間の株価推移


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスから引用

米国大手電力株の中には、PER20倍&配当利回り4.5%(=配当性向約90%)のようなちょっと無理矢理配当している感があるような会社が多いように思えるのですが、そんな中でも着実に増配をしている会社が多いということもあり、現状の配当金生活のポートフォリオの中では最も頼りにしている銘柄たちでもあります。

今回の記事でご紹介する[D]ドミニオン・リソーシズも、配当利回りこそ4%台ではあるのですが、PERも20倍強ということで、配当性向をザッと計算すると2017年2月上旬時点で91%前後ということになってしまうんですよね。

それでも、[D]ドミニオン・リソーシズは売上高純利益率が15%を超える高収益の会社ですし、そもそも米国公共株の中で売上高が10位前後なのに、時価総額でいうと4位という点でその実力を評価されていると言えるのかもしれません。今後、機を見て買い増しを行いたいと思っている銘柄です。

[D]ドミニオン・リソーシズから配当金です

D 配当金

さて、今回は[D]ドミニオン・リソーシズから1株あたり0.7$の配当金をいただきました。保有株数は71株でありまして、法人での源泉徴収税などを差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は37.99$ということになりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせしますと、実際に受け取った配当金の金額は4,274円ですね。

[D]ドミニオン・リソーシズの主要指標(2017年2月5日現在)

■ PER:21.7倍
■ PBR:3.0倍
■ ROE:15.7%
■ 配当利回り:4.21%
■ 直近5期のEPS推移:2.45→0.53→2.93→2.24→3.20(2015/12実績)
■ 直近5期の配当推移:1.97→2.11→2.25→2.40→2.59(2015/12実績)

たっちゃんが口座を持つ米国株投資が可能なネット証券3社

マネックス証券
米国株取扱い銘柄数はネット証券No.1の3,000以上。特定口座への対応で煩わしい確定申告も不要になりました。米国高配当株・ETFデビューにオススメです。

楽天証券
国内株取引は139円〜からの格安手数料。楽天ポイントとの連携も魅力的です。今年から対象が拡大した『iDeCo個人型確定拠出年金』の口座管理手数料0も魅力的。

SBI証券
ネット証券口座開設数No.1。法人口座の開設が比較的簡単だったため、法人ではSBI証券をメインに利用しています。以前は高かった米国株取引手数料もマネックス証券と同等まで値下げ。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.