営業利益1.7億→20億の超上方修正も株価には影響なし!? 買い増ししようと思っていた[6249]ゲームカード・ジョイコHDなど5銘柄を売買しました。 - 高配当株で配当金生活

営業利益1.7億→20億の超上方修正も株価には影響なし!? 買い増ししようと思っていた[6249]ゲームカード・ジョイコHDなど5銘柄を売買しました。

Twitterをフォローいただいている方なら、2月3日のつぶやきで『[6249]ゲームカード・ジョイコHDがまさかの黒字転換』というニュースをご紹介した事を覚えている方がいらっしゃるかもしれません。この会社は、最近絶不調の所が多いパチンコ系の銘柄でありまして、過去5年間で売上高半減以下という散々な業績の銘柄ではあり、さらに今期から配当を1株60円→30円に減配するということもあり、基本的にはあまりオススメできない銘柄です。


スポンサーリンク

参考記事:[6249]ゲームカード・ジョイコHD 先日のつぶやき

ただ、今回の業績予想の修正により、売上高の下げ止まりは見られないものの、まさかの黒字転換で1株あたり純利益は70円程度に達したんですよね。今期の配当予想は30円のままになっているのですが、これなら元々の予想の60円配当も可能なのでは?と勝手に考えまして、さらに業績上方修正後もほとんど株価が上がらなかった事から、ここで1名義→2名義への買い増しを行う事にしました。なお、その他今日は兼ねてから買いたかった2銘柄をPFに加えています。

[6249]ゲームカード・ジョイコHD 過去5年間の株価推移


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスから引用

たっちゃんの配当金生活のポートフォリオ 投資ルール

ポートフォリオの基本保有比率(2017年1月現在)

株式:38%
債券:38%
リート:24%
※ 国内資産と海外資産は基本的に1:1の保有比率を目指しています

参考:たっちゃん投資法 ブログに登場する用語の説明

リバランス:『株式:債券:リート=38:38:24』から絶対値で1%ズレた時に元のバランスに戻すように売買を行います。今回の記事のように特定の銘柄を買い増し・売却する場合は、1%ズレていなくてもその度にリバランスを行っています。
ナンピン:配当金生活のポートフォリオの現金を除いた部分の時価が10%下落した時に5%分だけナンピンを行います。こちらは、滅多に発生しない事象でありまして、2009年以降、ナンピンは東日本大震災の時と2013年6月の2回しか行っていません。
利益確定:配当金生活のポートフォリオの現金を除いた部分の時価が5%上昇した時に5%分だけ利益確定を行います。自分の性格上、ナンピンよりも利益確定の方が発生しやすくなっています。2009年以降、過去12回利益確定を行いました。

2017年2月6日に以下の5銘柄を売買しました

本日購入した銘柄一覧(3銘柄)

[6249]ゲームカード・ジョイコHD:100株→200株(2名義)に買い増し
今回の買い増しでカタログの優待金額が年間2,000円→4,000円に増加。
[4767]テー・オー・ダブリュー:200株再購入
高配当株式ランキングの常連銘柄。配当利回り4%は魅力的なので、PFに久しぶりに復帰。
[1928]積水ハウス:200株新規購入
今週の高配当株式ランキングのピックアップ銘柄。紹介したからには ここで買う事を決意。

本日売却した銘柄一覧(2銘柄)

[9436]沖縄セルラー電話:300株(3名義)→200株(2名義)に減少
増配中ながらほぼ上場来高値で配当利回りが2%台に落ち込んでいるので利益確定。
[4568]第一三共:300株→200株に減少
こちらも配当利回りが2%台に落ち込んでいるので利益確定。いずれ買い戻し予定です。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.