株式:債券=1:1で海外資産中心にまったり分散投資。毎月積立中のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド、50ヶ月目の成績です。 - 高配当株で配当金生活

株式:債券=1:1で海外資産中心にまったり分散投資。毎月積立中のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド、50ヶ月目の成績です。

今回は、当ブログで毎月1万円ずつ積立を行っている投資信託の1つであるセゾン投信セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドという商品をご紹介することにしたいと思います。まずは、過去記事との繰り返しの部分もあるのですが、その商品の特徴をご紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

セゾン投信公式 動画で投資信託の内容を解説してくれます

なお、セゾン投信では上記のように動画の形式でセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを5分程度で解説してくれる動画をアップしてくれています。動画を見られる環境でしたら、以下の記事は読まなくても動画をご覧いただくだけで十分に理解ができるのではないかと思います。

セゾン・バンガード・グローバルバランスF 3つの特色

特色1:国際分散投資

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの特徴の1つが『国際分散投資』です。最近はインデックスファンドの低コスト化が進んでおり、そのインデックスファンドを組み合わせるだけで簡単に国際分散投資ができるようにはなっているのですが、それでもそれすら考えるのが面倒だという方であれば、この商品1本で国際分散投資を完結させてしまうのはアリなのではないかと思いますね。

特色2:株式と債券への分散投資


※ 上記のグラフはセゾン投信の公式ウェブサイトから引用

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資することの出来る商品です。また、投資比率は株式:債券=50:50に近くなるように定められており、適宜リバランスが行われる事になります。このリバランスが意外に面倒なので、投資信託の方にお任せできるというのは助かりますね。

特色3:低コスト

前述のように最近はインデックスファンドの低コスト化が進んでおり、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドが低コストか?と言われるとちょっと疑問に思えてしまう点もあるのですが、少なくともこの商品が登場した時は年率0.7%程度の信託報酬というのはかなりの低コストであったと言えると思います。

年率0.7%程度というと、今でも決してコストが高いという訳ではないと思うので、10年以上前から『国際分散投資』の旗印を掲げ続けているという同社の理念に共感して、2012年以降セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを毎月1万円ずつ積み立てることとしました。これからも、よほどの事が無い限りは積立を続けていく予定です。

参考:2016年12月の運用報告(公式動画)

セゾン・バンガード・グローバルバランスF 運用成績(積立開始50ヶ月目)

積立金額:500,000円(12月比:+10,000円)
評価金額:565,809円(12月比:+15,011円)
評価損益:+13.2%(参考:12月は+12.4%)

当ブログで定期的に積み立てを行っている投資信託

■ セゾン投信セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
■ ひふみ投信月々1万円からの資産形成ひふみ投信
両投信ともに、2012年11月から月額1万円の積立を継続しています。両ファンドの運用状況につきましては、定期的にこのブログ内でご報告していきたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.