今となってはレアなタイプの社債!? イギリス大手の金融機関『ロイズ銀行』グループの円建て社債(利率1.4%)の利金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

今となってはレアなタイプの社債!? イギリス大手の金融機関『ロイズ銀行』グループの円建て社債(利率1.4%)の利金をいただきました。

今回は、私が新聞で取材されるきっかけとなった『ギリシャ国債』絡みのネタが話題になっていた2010年ごろの欧州債務危機の時に良く発行されていた系統の債券である『欧州系の銀行の円建て社債』の中から、イギリス大手の銀行であるロイズ銀行グループの円建て社債、そしておまけでブラジルレアル建ての社債の利金も受け取りましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

つい投資してしまったギリシャ国債の想い出

過去記事:ギリシャ国債から利金をいただいた時のもの

ちなみに、今回の記事の本筋とは外れてしまいますので紹介だけに留めておきますが、上記の記事がかつて話題となったギリシャ国債に関する記事の1つとなります。ギリシャ国債については、今後もちょくちょく利金をいただくことになると思いますので、年に1度の恒例行事として記事でご紹介することになると思います。

話は『欧州系の銀行の円建て社債』に戻りまして、前述の欧州債務危機の時はなぜかネット証券のSBI証券で欧州系の銀行の円建て社債がガンガン発売されていました。当時は『欧州の銀行の社債が欧州内で消化されないで大丈夫?』と心配しつつ購入していたのですが、結局後になって思うと『もっとガンガン買っておくべきだった』という結論になってしまいますね。

ロイズ銀行グループ 円建て社債の利金をいただきました。

さて、今回はSBI証券で購入したロイズ銀行グループの円建て社債の利金をいただきました。その利率は1.4%でありまして、保有元本は40万円分でしたので、半年分の利金は個人での20.315%の源泉徴収税を差し引きしますと2,232円ということになりました。

また、ロイズ銀行グループの円建て社債の償還日は2016年12月21日となっていましたので、今回で長年お世話になったこの社債も償還ということになってしまいました。この40万円分の利金については、[1566]上場インデックスファンド新興国債券の購入に充てています。

ロイズ銀行グループ ブラジルレアル建て社債の利金をいただきました。

また、今回はSBI証券で購入したロイズ銀行グループのブラジルレアル建て社債の利金の方もいただいています。こちらの利率はなんとビックリの10.2%でありまして、保有元本は10,000ブラジルレアル(約35万円)でした。個人での20.315%の源泉徴収税を差し引きしまして、実際に受け取った半年分の利金の金額は14,416円ということになりました。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.