野村證券で保有している個人向け国債30,000,000円分の利金をいただきました。めちゃくちゃ手間をかけて個人向け国債の利金を倍にする方法もご紹介。 - 高配当株で配当金生活

野村證券で保有している個人向け国債30,000,000円分の利金をいただきました。めちゃくちゃ手間をかけて個人向け国債の利金を倍にする方法もご紹介。

今回は、私がメイン口座の1つとして利用している野村證券で購入している個人向け国債の利金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。前回、2016年11月に利金が入金した時の記事を書くのを忘れていたようなので、今回は2016年11月分・2017年1月分をまとめてご紹介することにします。


スポンサーリンク

野村證券から個人向け国債の利金をいただきました

野村證券 今回受け取った個人向け国債の利金の詳細

・第55回 個人向け国債(変動10年)元本1,000万円分(これだけ昨年11月分)
・第57回 個人向け国債(変動10年)元本1,000万円分
・第63回 個人向け国債(変動10年)元本500万円分×2=合計1,000万円分

今回いただいた個人向け国債の変動利率はついに最低の0.05%ということになってしまいまして、元本が3,000万円分であってもその半年分の利金は5,980円ということになってしまいました。3,000万円に対する半年の税引後の利金が5,980円というと少ないと言わざるを得ませんが、将来利率が上昇する可能性はあります。今は我慢の時ですね。

個人向け国債の利金を倍にする超面倒な裏技

さて、今回は第55回・第57回・第63回ともに1,000万円分の個人向け国債の購入だったのですが、第63回だけ資金繰りの都合で500万円分ずつ分けて購入しています。そうすると、第55回&第57回の利金が1,993円のところ、第63回の利金だけ997円×2=1,994円振り込まれていました。購入を分けた事で、端数処理(切上)の関係で1円多くなっているんですよね。

つまりは、面倒を厭わないのであれば、思い切って1万円ずつ1,000回購入した方が合計の利金は多くなる(4円×1,000=4,000円)訳なんですよね。なんと、まとめて買うよりも倍の利金になってしまうという驚愕の結果となります。ただ、それだからといって1万円ずつ1,000回も購入する方が大変ですよね。根性のある方はチャレンジしてみてください。

SMBC日興証券 冬の個人向け国債キャンペーンの内容

SMBC日興証券 冬の個人向け国債キャンペーンの内容
※ 上記の画像はSMBC日興証券のウェブサイトから引用

さて、最後に現在大手証券会社でほぼ横並びで行われている『冬の個人向け国債キャンペーン』をご紹介しておくことにしたいと思います。上記の画像では、代表して個人的に贔屓にしているSMBC日興証券のものをご紹介しています。

過去の参考記事:個人向け国債キャンペーン継続は風前の灯火!?

長く続いて来た大手証券会社の『個人向け国債キャンペーン』ですが、上記の過去記事でご紹介したように財務省から証券会社等に支払われる『個人向け国債手数料』が今年4月から減額されることになったので、今のような0.5%の大盤振る舞いキャンペーンは風前の灯火であると思われます。キャンペーン狙いで国債を購入したいという方は、今のうちに購入しておく事をオススメします。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.