税理士試験5科目の短期最終合格に向けて消費税法の講義を追加申込。7ヶ月後の試験に向けて頑張ります。(たっちゃんの税理士試験受験生活 消費税法編その2) - 高配当株で配当金生活

税理士試験5科目の短期最終合格に向けて消費税法の講義を追加申込。7ヶ月後の試験に向けて頑張ります。(たっちゃんの税理士試験受験生活 消費税法編その2)

今回は、配当金生活のたっちゃんの税理士試験受験生活 消費税法の第2回目の記事となります。5科目の科目合格制度(現在2科目合格中)である税理士試験の最終合格に向けて、[4319]資格の学校TAC税理士講座で『所得税法』を頑張って勉強している私たっちゃんですが、家族の期待に応えてもう1科目を追加するかで迷っているというのが前回の記事でした。


スポンサーリンク

[4319]資格の学校TAC税理士講座 消費税法を結局申し込みしました

:色々と考えたのですが、我が家の第2子の誕生が今年の夏に迫って来ているとはいえ、その分これから夏までの間に家族で遊びに行く事が少なくなりますし、家族をサポートしながらでも意外に時間が取れそうだという結論に達しましたので、[4319]資格の学校TAC税理士講座で『消費税法』の講座も合わせて受講することにしました。

[4319]資格の学校TAC税理士講座 消費税法講座と独学道場の比較


※ 上記の画像はTACの公式ウェブサイトから引用

なお、前回の記事では[4319]TAC税理士消費税法独学道場という安く勉強できるコンテンツ(受講料55,000円)をご紹介したのですが、教材の内容を見比べた結果最終的には[4319]資格の学校TAC税理士講座消費税法の通常の通信講座(受講料128,000円)を受講しています。前者でも合格答案を作る事は無理ではないと思うのですが、やはり通常の講座の方は値段が値段だけあって、時間のある方にはオススメできる濃いカリキュラムなのかなと思います。

ということで、今年2017年8月に受験する税理士試験の科目は『所得税法』と『消費税法』の2つということになりました。なお、今回の申込にあたっては、今まで勉強していた証券アナリスト講座を解約して、その解約代金の一部を充てる形で申し込んでいます。証券アナリストの講座の方は、もう基礎講義が終わっている段階なので一通り全範囲を勉強し終えているのですが、それでも受講代金の4割くらいが返金されました。[4319]資格の学校TACはこういう面ではさすが上場企業というべき良心的な対応ですよね。

『配当金生活のたっちゃんの税理士試験受験生活 第2部 消費税法編』の方も、『配当金生活のたっちゃんの税理士試験受験生活 第2部 所得税法編』と同じく、普段の講義内で行われる実力テストの結果などを中心に月に2回程度ののペースでご紹介することにしたいと思います。読者の皆様からの注目度はあまり高くはないと思うのですが、記事を定期的に執筆することで、勉強へのモチベーションを維持したいですね。

配当金生活のたっちゃんの税理士試験受験生活 第2部 消費税法編 前後の記事

前の記事[4319]TAC税理士消費税法独学道場で使われている教科書『みんなが欲しかった 税理士消費税法』を買ってみました。武器になりそうなほどの厚さでビックリです。
次の記事消費税法実力テスト第1回。99点という自分的には好成績なのに順位は上位4分の1に入れませんでした。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.