分配水準の向上で分配利回りは4%台の世界に突入、分配金は一発で15万円ゲットです。米国リートに投資する[IYR]iシェアーズ米国不動産ETFから分配金です。 - 高配当株で配当金生活

分配水準の向上で分配利回りは4%台の世界に突入、分配金は一発で15万円ゲットです。米国リートに投資する[IYR]iシェアーズ米国不動産ETFから分配金です。

今回は、配当金生活のポートフォリオの『海外債券クラス』で保有している商品のうち、米国のリートにまとめて投資を行うETFである[IYR]iシェアーズ米国不動産ETFをご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

[IYR]iシェアーズ米国不動産ETF 資産構成

iシェアーズ米国不動産ETF 資産構成
※ 上記の表はiシェアーズの公式ウェブサイトから引用

まずは、[IYR]iシェアーズ米国不動産ETFの資産構成をみておきます。国内のリートの場合は『オフィス系』に投資するものが一番大きな勢力となっているのですが、実はアメリカのリートの場合は、オフィス専用のリートは全体の11%の投資比率でしか過ぎません。保有比率でいうと1位となっているのは『専門不動産投資信託』なんですよね。

この『専門不動産投資信託』という言葉は聞き慣れないものだとは思うのですが、要するに2位以下の『店舗用不動産』『住宅用不動産以下省略』といったものに当てはまらない銘柄のようです。例えば、国内では見かけないタイプのREITとしては『通信設備』に投資するなんてものもあるようですね。

[IYR]iシェアーズ米国不動産ETF 過去5年間の投資口価格推移

iシェアーズ米国不動産ETF 過去5年間の投資口価格推移
※ 上記の表はグーグルファイナンスの公式ウェブサイトから引用

私の配当金生活のポートフォリオでは『株式:債券:リート=38:38:24』の比率で投資することとしておりまして、一般的なポートフォリオと比べると不動産系への投資比率は多めであると言えるでしょう。

さらに、配当金生活のポートフォリオでは、国内:海外=1:1の投資比率で投資することも心がけておりまして、当然海外リートの主力となるのはこの[IYR]iシェアーズ米国不動産ETFです。人口動態的にこれからのリートは個人的にはJリートよりも米国リートの方が先行きが明るいような気がするんですよね。上記でご紹介している投資口価格の値動き自体はパッとしませんが、これからもチャンスがあれば買い増しは行いたいと思っています。

[IYR]iシェアーズ米国不動産ETFから分配金です。

IYR 分配金

さて、今回は[IYR]iシェアーズ米国不動産ETFから1口あたり1.076171$の分配金をいただきました。保有口数は前回この銘柄をご紹介した時よりも242口増加の1,601口でありまして、法人での源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は1,314.22$でした。この記事を書いている時点での為替レートを掛け合わせますと、円ベースでは152,699円を受け取った事になります。保有金額が1,400万円と多い銘柄なので、その分配金の水準も豪快ですね。

なお、2017年1月5日現在の[IYR]iシェアーズ米国不動産ETFの実績分配利回りは4.3%程度です。一時期、3%台の分配利回りが続いていた[IYR]iシェアーズ米国不動産ETFですが、今回の分配金の水準がここ最近の中ではかなり高かったので、その分分配利回りが押し上げられました。今回の分配金が多かった理由は検索してもわからなかったのですが、多くもらえていることは確かなので、過度には気にしないことにしたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.