アメリカの投資適格債券6,000弱に超分散投資。信託報酬0.05%の[AGG]米国総合債券市場ETFから分配金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

アメリカの投資適格債券6,000弱に超分散投資。信託報酬0.05%の[AGG]米国総合債券市場ETFから分配金をいただきました。

今回は、配当金生活のポートフォリオの『海外債券クラス』の保有銘柄のうち、アメリカの投資適格債券6,000弱に幅投資している[AGG]iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETFから分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

[AGG]米国総合債券市場ETF 上位の保有債券

AGG チャート
※ 上記のグラフはisharesの公式ウェブサイトから引用

その信託報酬が年率0.05%とビックリするほどの安さである[AGG]米国総合債券市場ETF。投資適格債券ばかりに投資を行っており、上の画像でもご紹介しているように政府系の債券などのベタなものが多いので、その分配金利回りは2%台とかなり控えめではあるのですが、債券投資で冒険をしたくない、かつアメリカ以外には投資しなくても良いという方であれば、海外債券への投資はこれ1本でも良いのではないかと思います。

[AGG]米国総合債券市場ETF 過去1年間の投資口価格推移


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスから引用

:ここ最近は一時期に比べると米国債券の利回りが高まっている(=債券の価格は低下)していることはご存知の方が多いのではないかと思います。ただ、債券の価格が低下しているとはいっても、上記のチャートを見るとわかるように夏頃のピークから3%程度下落しているにしか過ぎません。

ただ、[AGG]米国総合債券市場ETFの年間分配利回りは2%台ですので、数ヶ月の間に3%も下落してしまうとある意味『大損』であると言えるかもしれませんね。ただ、円ベースで見た場合は同時に円安が進んでいますので、債券価格自体が下落しても大幅なプラスとなっています。

[AGG]米国総合債券市場ETFから分配金です

AGG 分配金

さて、[AGG]米国総合債券市場ETFから1口あたり0.20976$の分配金をいただきました。保有株数は423口でありまして、法人での源泉徴収税を差し引いた後でいただいた配当金の金額は67.82$ということになりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと、実際に受け取った配当金の金額は7,996円です。なお、2017年1月25日現在の[AGG]米国総合債券市場ETFの分配利回りは2.6%前後となっています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ