国内高配当株式トップ10(2017年1月3日現在)末尾7の年は不吉なジンクス!? / 現状は高配当の[2169]CDS。カルロスゴーンの三菱自動車改革で負の効果かも? - 高配当株で配当金生活

国内高配当株式トップ10(2017年1月3日現在)末尾7の年は不吉なジンクス!? / 現状は高配当の[2169]CDS。カルロスゴーンの三菱自動車改革で負の効果かも?

今回は2017年1月3日時点での国内高配当株式のトップ10を概観したいと思います。このランキングでは、私なら投資しても良いかな〜と思える独自のスクリーニング基準を使って、基準に当てはまった銘柄の中から上位10銘柄をご紹介しているランキングです。なお、先週は年末年始のお休みをいただいていましたので、2週間ぶりのランキング発表となります。

2016年は途中までは今年の成績はイマイチかな・・と思っていたのですが、最後の最後にトランプ相場のおかげで大逆転のプラス着地となりました。去年で5年連続の前年比+ということになったのですが、さすがに6年連続+となるとうまく行き過ぎな気がしますね。今年は新聞などで『末尾7の年は何かが起こるというジンクス』も報じられており、そういうジンクスは 意外に当たるだけに個人的には心配しています。まあ、私の場合は自分の性格の関係上常に常に心配しているんですけどね。

参考:末尾7の年のジンクス

■ 1987年:ブラックマンデー
■ 1997年:アジア通貨危機
■ 2007年:サブプライムローン

たっちゃんのツイッターをフォローお願いいたします。

さて、今更ではありますが、実は私たっちゃんはTwitterのアカウントを持っております。アカウントをオープンして2年間の間は記事の更新情報を垂れ流すだけだったんですけれども、それではフォロワーさんの興味を惹き付けられないかなと思いまして、最近はそれ以外の事もはつぶやくようになりました。

私自身ののんびりした性格が災いして、このブログは『速報性』に欠ける所があるんですけれども、その『のんびりさ』についてはTwitterで速報を流す事にしてフォローしていきたいと思っています。

また、自分の保有している銘柄関連のニュース、本日の経済ニュースから自分の面白いと思ったもの、株主優待券を利用しての外食やお買い物などもご紹介したりもしています。そういうネタが面白いと思える方は、是非ともフォローをしていただければ幸いです。コメントなども出来るだけお返しするようにしておりますので、ボケつぶやきに面白いツッコミなどございましたら、お気軽にお願いします。

配当金生活向けの高配当銘柄ランキング。ランクイン基準は?

PERが20倍以下であること:タコ配傾向の銘柄はランクインしません
ROEが7%以上であること:資本コストは7%以上だと思うので
時価総額が50億円以上であること:極端な小型株は流動性の観点からカット
経常利益が前期比+であること:利益マイナスは嫌な感じがしますよね
自己資本比率が50%以上であること:財務が良い会社は安心できます

このランキングでは以上の5点を満たす銘柄を配当利回りが高い順にランク付けしています。なお、データ作成にはSBI証券のスクリーニングデータを用いています。

過去のランキング1位・2位・3位が気になる方は!?

第183回(2016/12/17):ピックアップ [8706]極東証券
アイビー化粧品(5.55%)/学究社(4.27%)/ナカボーテック(4.24%)
第182回(2016/12/3):ピックアップ [8706]極東証券
アイビー化粧品(5.69%)/ナカボーテック(4.55%)/アートネイチャー(4.42%)
第181回(2016/11/26):ピックアップ [4767]テー・オー・ダブリュー
アイビー化粧品(5.87%)/ナカボーテック(4.55%)/三井金属エンジニアリング(4.49%)
第180回(2016/11/19):ピックアップ [4918]アイビー化粧品
アイビー化粧品(6.06%)/アートネイチャー(4.61%)/学究社(4.60%)
第179回(2016/11/13):ピックアップ [7844]マーベラス
アイビー化粧品(5.29%)/ピープル(4.73%)/三井金属エンジニアリング(4.68%)

2017年1月3日現在のランキングです

1(ー):記△[4918]アイビー化粧品:4.71%(-0.84%)
2(+1):[1787]ナカボーテック:4.17%(-0.07%)
3(ー1):☆[9769]学究社:4.16%(-0.11%)
4(+2):[7517]黒田電気:4.11%(+0.11%)
5(ー1):[1737]三井金属エンジニアリング:4.05%(-0.13%)
5(+5):[8706]極東証券:4.05%(+0.23%)
7(+2):△[4767]テー・オー・ダブリュー:3.99%(+0.09%)
8(ー3):☆[7823]アートネイチャー:3.95%(-0.08%)
9(ー1):[2763]エフティグループ:3.94%(+0.01%)
10(ー3):△[7844]マーベラス:3.87%(-0.07%)
※ 参考:上記のうち現在たっちゃんが保有している銘柄には☆印を、過去に保有していた事のある銘柄には△印が付いています。また、記マークがついている銘柄については、記念配当等の特殊要因により一時的に高配当となっている可能性があります。

さて、今回はトップ10にランクインしている銘柄ではないのですが、私がいずれは購入したいと思っている銘柄である11位の[2169]CDSをご紹介することにしたいと思います。同社は私の好む『ものづくり系』の会社でありまして、特に『技術系の仕様書』を得意分野としています。物自体ではなくて、その仕様書が得意という所がなんとも渋いように思いますね。

さて、昨年2016年は年央にかけて、株価がかなりイマイチな推移をしてしまっていた[2169]CDSですが、その一因としては同社の主な受注先の1つに[7211]三菱自動車工業があることが挙げられるかもしれません。三菱自動車というと、今年以降あのカルロス・ゴーンさんによる改革が見込まれることから、同社のような受注先に単価の引き下げ圧力がかかるのでは?という見方があるそうです。

足元は、最近の相場の流れに乗って株価がかなり復調しているため、ここから新規ではちょっと買いにくいのですが、相場全体が崩れる時に狙ってみたいと思っています。上記の三菱自動車の懸念のことを除けば、過去の同社の業績も配当金の推移も比較的安定しているように思えますしね。

カルロス・ゴーン経営を語る (日経ビジネス人文庫)

Philippe Ri`es 日本経済新聞社 2005-12
売り上げランキング : 19635
by ヨメレバ

[2169]CDSの主要指標(2017年1月3日現在)

■ PER:10.52倍(予想)
■ PBR:1.49倍(実績)
■ ROE:12.6%(実績)
■ 配当利回り:3.85%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:65.9→71.6→77.9→93.9→80.6(2017/12予想)
■ 直近5期の配当推移:36→36→36→36→36(2017/12予想)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.