業績も株価も絶好調につき保有株数を4分の1に減らしました。[7550]ゼンショーHDから6,000円分の株主優待券と中間配当金です。 - 高配当株で配当金生活

業績も株価も絶好調につき保有株数を4分の1に減らしました。[7550]ゼンショーHDから6,000円分の株主優待券と中間配当金です。

ゼンショーHD 2017年3月期中間報告書

[7550]ゼンショーHD 2017年3月期中間報告書:今回は、牛丼の『すき家』や回転寿司の『はま寿司』などでおなじみであり、現在国内No.1の外食産業である[7550]ゼンショーHDから同社の中間配当金、株主優待券と2017年3月期中間報告書をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

ゼンショーHD[7550]の株主優待(3月9月/年2回)

お食事券500円分(ゼンショーグループで利用可能)
■ 100株以上:2枚
■ 300株以上:6枚
■ 500株以上:12枚
■ 1000株以上:24枚
■ 5000株以上:60枚

ゼンショーHD 2016年9月権利確定分 株主優待券

[7550]ゼンショーHD 2016年9月権利確定分 株主優待券:さて、私は[7550]ゼンショーHDの株式を500株保有していますので、今回は合計で6,000円分の株主優待券をいただきました。以前は最大で2,000株(半年24,000円)の優待券をゲットしていたこともあり、毎回のように期限切れに苦しめられて来ましたが、保有株数を4分の1に減少させたため、今回からは期限切れに苦しめられることなく優待券を使い切ることができると思います。

ゼンショーHD株主優待券 商品にも交換できます

[7550]ゼンショーHD株主優待券 商品にも交換できます:全国津々浦々に各種業態を展開している[7550]ゼンショーHDですので、その優待券を利用するのに困るという方はそれほどいらっしゃらないと思うのですが、同社の株主優待券は上記でご紹介しているような商品と交換することも可能です。特に冷凍食品系は料理を作るのが面倒な時に役に立つと思うので、優待券を取りすぎて困っているという方は一部商品に交換してみてみるのも良いですね。

ちなみに、今回の交換品リストを見て驚いたのはなか卯のカツ丼が交換商品に入っていたことでした。牛丼の冷凍なら想像しやすいのですが、今となっては『カツ丼の冷凍』も通販で売っているんですね。揚げ物の冷凍食品は定番なので、当たり前の商品といえばその通りかもしれませんけどね。ただ『卵を自分で買って来て仕上げる』必要がありまして、その点を考えると自分にはちょっと難しい商品かなと思います。

[7550]ゼンショーHDから配当金をいただきました。

さて、今回は[7550]ゼンショーHDから1株あたり9円の配当金をいただきました。保有株数は500株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は3,811円ということになりました。

[7550]ゼンショーHDの主要指標(2017年1月5日現在)

■ PER:38.70倍(予想)
■ PBR:4.57倍(実績)
■ ROE:6.6%(実績)
■ 配当利回り:0.93%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:41.8→9.0→-75.0→27.1→50.0(2017/03予想)
■ 直近5期の配当推移:16→16→0→9→18(2017/03予想)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ