業績減速傾向でついに30円→25円に減配見込みながら、株価も下がったので高配当株式キープ。[2411]ゲンダイエージェンシーから中間配当金です。 - 高配当株で配当金生活

業績減速傾向でついに30円→25円に減配見込みながら、株価も下がったので高配当株式キープ。[2411]ゲンダイエージェンシーから中間配当金です。

ゲンダイエージェンシー 2017年3月期中間株主通信

[2411]ゲンダイエージェンシー 2017年3月期中間株主通信:今回は、パチンコホール向けの広告代理店として営業している[2411]ゲンダイエージェンシーから2017年3月期中間期の株主通信と、中間配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

ゲンダイエージェンシー 売上高等の推移

[2411]ゲンダイエージェンシー 売上高等の推移:さて、当ブログではたびたびご紹介しているように、最近は若者のパチンコ離れが進んでいるからか、パチンコ・パチスロ関係の会社は業績がイマイチとなってしまっている所が少なくありません。パチンコホール向けの広告を主な事業としている同社も例外ではなく、最近は中期的に業績の低落傾向が続いています。ただ、今中間期については減益・増収を確保していますね。利益面ではここらで下げ止まりとなるかに注目です。

ゲンダイエージェンシー 配当性向について

[2411]ゲンダイエージェンシー 配当性向について:当ブログの初期の頃から一貫して高配当銘柄として紹介してきている[2411]ゲンダイエージェンシー。その配当性向は上記の記述でもご紹介しているように概ね50%を目処としているようです。その他の事項も総合した結果、業績の低迷している今期はついに30円→25円に減配となってしまいました。ただ、株価も低迷していますので、配当利回りはそこそこの水準をキープしていますね。

ゲンダイエージェンシー[2411]から期末配当金をいただきました。

さて、今回はゲンダイエージェンシー[2411]から1株あたり12円の配当金をいただきました。保有株数は600株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は6,098円ということになりました。

ゲンダイエージェンシー[2411]の主要指標(2016年12月11日現在)

■ PER:12.14倍(予想)
■ PBR:1.61倍(実績)
■ ROE:9.2%(実績)
■ 配当利回り:4.55%(予想)
■ 直近5期のEPS推移:62.4→62.1→51.1→31.2→45.2(2017/3予想)
■ 直近5期の配当推移:27.5→28→30→30→25(2017/3予想)

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ